谷町線の優しいおっさん

地下鉄谷町線で立って乗っていた。

連結するところの手前の席がある。椅子は短め。

席がちょこちょこ埋まっている。

こっちから見て左側には

カップル。だけ。なので、そのカップルの女性の隣にはもう一人座れる。

右側には、やせたおっさんが一人、そしてものすごい太ったおっさんがひとり。

そして、扉付近に初老のおっさんが立っている。

ものすごい太ったおっさんが、突然ビクっとなる。

「はっ!!」

ものすごい太ったおっさんが立ち上がり、初老のおっさんの元へ。

どうやら席を譲ろうとしているらしいが・・・

「申し訳ございません!! さあ、どうぞこちらへお座りください!!」

初老のおっさんは驚いた、そして困った様子。

確かに、そこまで必死に席譲ろうとしてくる人は初めてだろう。

謝られるのも変やし・・・

苦笑いしながら譲られた右側の席に座る初老のおっさん。

気まずそうな隣のやせたおっさん。

ちょっと驚いて見ている向かいのカップル。

そして、ものすごい太ったおっさんは、なんとそのカップルの隣に座った。

笑い飯のネタを思い出した。

「席空いとんかい!」ってやつ。

とか考えながら見てると、またそのものすごい太ったおっさんが

「はっ!」

立ち上がり、向かいの初老のおっさんの元へ。

「申し訳ございません!! こちら側へどうぞ!!」

???

もう座れてるのに、なぜか自分が座りなおした左側の席へ座らせようとする。

隣、女性のほうがよろしいでしょ!?

唖然。困る初老。どうしたらいいかわからないカップル。別にいいけど、なんか傷つく・・・という感じの隣のやせたおっさん。

半ば無理やりカップルの隣へ座らせたあと、電車が到着。

ものすごい太ったおっさんは駆け足で降りていった。