見て来ました。関西で唯一IMAXがある箕面の109シネマズへ。

image

3Dってことで、専用メガネを借りて見ます。

今まで映画館で散々予告編は見てきたけど、正直興味なかったのです。あんまりファンタジー系みたいな映画見ないのでストーリーも別にあれやろな~ということで見るつもりなかったんですが・・・

よく聞いたら、ジェームズ・キャメロンが3D用に作ったというではないですか。なーるほどー。あのUSJのスパイダーマンみたいに3Dで楽しめる映画ってことですか。

さらにいろんな人の感想聞いたらもうみんな衝撃!っていうてるし、映画の新しい歴史が始まった!みたいな意見が多いのでとりあえず見てみようということになりました。

image

3Dで見たらたしかに景色がすごいし、さらにIMAXってことでめちゃめちゃ画面がでかいのです。視界全部がその世界の中っていうかんじ。

image

たぶん、この設定、ストーリー、キャラクター、演出から音楽から全部が3Dで楽しむ映画として作られてると思うので、見ながら「映画館で見てよかったなー」と。

この未知の世界で出てくる動物や植物や崖や滝や虫やなんやらかんやらが気持ちよく目に入ってきます。予告で見て気持ち悪いとしか感じなかったこのナヴィ族にも、すぐ感情移入してしまいます。すぐに自分もナヴィ族に入ったつもりになっていました。「共にこの星を守る!」と思ってました。そのへんの犬を見て後ろ髪近づけるかもしれません。

ストーリーの流れとしてはまあよくある感じかなあとは思いますが、何倍も迫力あって何倍もおもしろく見えたというのも事実で。ただ体力使います。

この3D映画って流れは今後どうなっていくのか?今回みたいなファンタジーあふれるアクションの多い映画はぴったりやけど、ヒューマン系とか恋愛ものとかはどうかなと思うし。

一緒にいった人と話していた感じでは、ホラー映画もいいんじゃないかと。特に「リング」を3D版で見たいですなーと。貞子が目の前に出てくるのなんて絶対見たいじゃないですか。

その人は吉本新喜劇を3Dでとわけのわからんことを言っていましたが・・・実際やってるからもともと3Dなんですけど。まああのいろんなギャグ映像を3Dで見るのはおもしろそう。

これでいろんな映画が3D版として出てきたときに、「思いっきりコケる」映画はどういうものなのか気になります。

いつも自分の中にある性格の「多い意見に賛同したくない」みたいなところとか、「ファンタジー系好きじゃない」とか、そんな小さいこだわりなんぞガサーっと刈り取られました。