ABCお笑いグランプリがありました。

今回特に審査員が良過ぎ。この人が言うなら納得!というメンバーが揃いました。
アンガールズ・田中
アンタッチャブル・柴田
お~い!久馬(ザ・プラン9)
シャンプーハット・こいで
スピードワゴン・小沢
友近
はなわ
ハマカーン・浜谷
星田英利
メッセンジャー・黒田

Aブロック
アイロンヘッド
2人で部屋で鍋の用意する男2人の1人がテレパシーの能力使って話しかけて来るコント。

インディアンス
東京に移ってたんですね。アンタッチャブル柴田さん「なんか近いものを感じました」

馬鹿よ貴方は
居酒屋コント。全部が予想できずで、まだまだ見れる感じでした。ボケ数すごい多かった。

相席スタート
条件別イケメンとブサイク選ぶ漫才。ひきこまれる話し方とテンポでした。

見てたらTwitterで小森園ひろしに実況お願いされたので・・

Bブロック
さらば青春の光
パワースポットの警備員。森田さんがすごいしゃくれたしゃべり。

ニューヨーク
サプライズのプロポーズ。フラッシュモブですかね。「普通の人こういうの嫌いやで!」が共感掴めるかどうかのところ。

尼神インター
カップルみたいな漫才。最後の「ずっと何してんねん」がほんまそのとおりというか。

大自然
最初でがっつり掴んだようで、ずっとウケてました。この長めでもたっぷり多彩でかなり良かったですね。
久馬さん「ここでも『ずっと何してんねん』言うてほしかった」

Cブロック
ジグザグジギー
臨時の先生と学級委員。出席で呼ぶのに名前の読み方が変わってるというネタ。おもしろいけどちょっと淡々としてました。

ゆーびーむ☆
ギャル風ピン芸人。部屋の物をいる・いらないに分けていくネタで、ギャルテンションで勢いずっと賑やかにやってるのがだんだんおもしろかった。

セルライトスパ
空手の選考会?ってので審査員の前で空手の型。だいぶ本格的に見えたんですが・・笑いました。

ダイタク
一卵性の双子の漫才やのに、ずっと上にいる別の兄貴の話してるネタ。

最終決戦はネタごとに点数出て落ちていくシステム。

1本目 アイロンヘッド
赤白の旗上げ。ええ歌に乗せて。聞き心地よくおもしろかった。923点で暫定1位。

2本目 セルライトスパ
自殺を止める警察と、通りがかる子供。BGM使い分けておもろい世界観。947点で暫定1位。アイロンヘッドがここで脱落。

3本目 大自然
サッカーのPK戦。キッカーがキーパーを走り抜ける最初のボケが「走り過ぎ」じゃなく「前に出過ぎてました」ってのがまた裏切りですね。1回目のネタに比べるとウケ弱かったようにも見えます。

そして結果は・・・大自然が943点!セルライトスパが優勝!