さあ今回のメイン、WWEレッスルマニア35を見るため会場へ向かいます。

メットライフスタジアムへ

NFLのニューヨークのチームが本拠地にしてる会場で、隣のニュージャージー州にあります。調べたら行き方は割と多く出てきます。こんな感じのを色々見てから。→マンハッタンからメットライフ・スタジアムへの行き方 | チープトラベルズ
基本的には、乗るのはニュージャージートランジットという電車で、マンハッタンのペンステーション→セカーカスジャンクション駅乗り換え→メドウラウンズ駅という行き方。

昨日行ったマディソン・スクエア・ガーデンの入り口横から地下に入るとペンステーション駅のニュージャージートランジットの切符を買える自販機があります。上の記事で10.5ドルという情報を先に見てたのと、わかりやすい表記で無事に買えて、さあどこから乗るのかなと考えたのも一瞬で、思いっきり目の前をWWE現在の主役ベッキー・リンチの「THE MAN」Tシャツが通り過ぎました。そっちを見るとWWE関連のaTシャツの人がいっぱい、同じ方向に向かって歩いてます。絶対そっちです。
ということで、もちろん案内も確認しつつ電車に乗りました。すぐ横に女子レスラーの伝説オーサム・コングみたいな女の人が乗ってたのでもう完璧です。あの都会を離れていく感じドキドキします。
これは焦ったんですが、乗り換えのセカーカスジャンクション駅までが意外とすぐでした。それに気づかずぼーっとしてると、なんか止まったなー、でもオーサム・コングもまだおるしまだやなーと思ってたら・・・窓の外をTHE MANはじめWWEのTシャツ連中が階段を上がって行くのが見えて、焦って扉へ!電車は止まってるけど扉が閉まってる!焦ってほんまにやばい!って色々考えましたが、よく見たら開けるボタンがあって、押したら開いて出れました。危なかったー、無事にセカーカスジャンクション!バイバイ、実はプロレスファンじゃなかったオーサム・コング!
多分メットライフスタジアムでのイベントがある時に出す臨時列車なんでしょうか?この駅からメドウラウンズへ向かう電車はある程度の時間ごとにそのためにだけ発車するもので、ホームに降りる階段の前で駅員が止めて待たせてました。でもすでに皆テンション高い!
そして時間が来て駅員が声をかけて止めてたパテーションをどけ始めると待ってる乗客が大歓声!
Wooooo!!!!
まだ会場ちゃうで!
そしてさらに郊外へ向かう電車で、いよいよ着きました、メットライフスタジアム!

電車が着くときすでに見えるメットライフスタジアムの文字。
開場前で溜まってる観客。席ごとに入場口が違うんですが、まだ時間があるのでウロウロ。もっといっぱいいたんですが、コスプレの人の写真を撮らせてもらいました。サーシャ・バンクスとアンダーテイカー!カメラ構えてOK?OK?言うてたらいけます。
で、歩いてたら芸人東京ダイナマイトのハチミツ二郎さんが!うわ!って思ってたらその先に昨日MSGで見た棚橋弘至!ファンクラブツアー的なもの?かわかりませんが、数人の人たちと一緒に見に来たようで集まって喋ってました。

グッズ売場でTシャツ購入。ロマン・レインズ白血病からの復活記念でレインズTシャツを買いました。ここで手提げ袋としてもらえるWWEロゴ入り透明バッグに入れてもらいました。これでカメラとか荷物を入れればOK。売場のスタッフにThank you!言うたらGreat day!!言われました。日本でもあんな返ししてみたい。

そしていよいよ開場時間が近づいてきたので見ると、会場スタッフが集まってきて入場ゲートに人が増えて来ました。
それだけで湧く観客!そのスタッフも反応して、両手で煽る!
すると、スタッフに向けてチャンピオンになった選手によく送られる良いチャントが起きました。
「You deserve it!! You deserve it!!(あなたはそれに値する)」
そらそうやろ!その仕事しとんねん!
面白かった。
さて、自分の入場口がよくわからんので、その辺にいたカール・アンダーソン似のスタッフにチケット見せたら「あっち行け」的に言われて、そっちへ。列に並んで入場。貴重品や機械類を別に出す入れ物があるので、そこに財布と携帯とカメラとモバイルバッテリーを入れました。スタッフがさささっとかつ細かくチェック。あなたがいるから我々はテロ等の心配なくレッスルマニアを楽しめるんだね!ありがとう!と心の中で思いながら入場。最初のホットドッグ売場に並ぶ!
休憩のないレッスルマニア、途中でのトイレや飲食は確実に1試合は飛ばすことになります。できるだけ準備して行きます。去年食ったのよりだいぶ具が豪華なホットドッグ。まあ10ドルぐらいで高いけど。ペットボトルの水は買えるけど、渡す時に蓋を取られます。もっと買わせるためかわかりませんが、去年も今年も取られました。適当なキャップひとつ持って行けば便利かと思います。そしてホットドッグ美味しい!
そしてたどり着きました!!
ここで今年のプロレスの祭典、WWEレッスルマニア35を見る!!!!

NYC2019-9 WRESTLEMANIA 35 KICK OFF SHOW