見てきました。


映画『色即ぜねれいしょん』オフィシャルサイト

梅田ガーデンシネマ。初めて行ったけど小さかった~。綺麗やけど。いつも一緒に映画行く友達からのリクエストで全然知らずに行きました。

不良の多い学校で、ボブ・ディランに憧れてロックにいきたいけど、不良にもなれずどうやったら自分はもっと輝けるのか悩んでる高校生の話。

出てくる人みんな癖があってキャラがあって、魅力があった。よく映画とかで表現される「不良」って、もう最強みたいな奴が多いけど、この映画の「不良」は、体もできてなく、子供で若いけど気合いは入ってて頑張って不良してるっていう感じが出ててリアルでした。

舞台が1974年の京都ということもあって、特に関西の人はこういう高校生像に共感できると思います。

あー、サントラがほしい。