盛り上がってるMMA、修斗の大阪大会を見に行きました。

前の日に異例の公開計量。アメリカ村ビッグステップの入り口階段で。
お世話になってるパンクラス大阪から前田吉朗さんが出場ということで応援兼ねて。人多い!

公開計量ではあるけど映像も流れてて盛り上がって。でも道歩いてる人は「何?格闘技?」みたいな感じでしたが、これがどんどん浸透して行けばいいのになと思いつつ。

さて当日、エディオンアリーナ第2競技場。ここは平らなとこにイス置いてるだけなので前に人いるとほんま見えません。寝技になったら完全にスクリーン観戦なので位置良くてよかった。

今回前田吉朗さんは修斗フライ級ランキング上の田丸匠と対戦予定だったものの欠場で相手変わって、さらにその相手も減量の脱水症状で欠場、韓国のキム・ヨンハンという選手に決定。ギリギリの決定で仕方ないものの、試合前煽り映像でのヨンハンの部分は同じプロフィール写真を動かしたり大きさ変えたり背景を火にしたりで超無理矢理編集。仕方ないけど。しかし出てくれてありがとう。

試合はなんとそのヨンハンがいきなりの飛び込み右フック。ヒヤッとする迫力の空振り、そこからの先制のパンチがまた速くて「強いかも?」って雰囲気が。ただ落ち着いたまま前田さんがふわっと飛び膝、徐々に距離掴んで左ミドル!パシーンと音が響いたと思えば少し間を置いて効いたのかヨンハンがダウン!KO!

前田さん1R KO! すばらしい

Ryo Fujioさん(@gyokurin)がシェアした投稿 –


全然知らないものの、できるだけの力を発揮して緊張感ある試合を見せてくれたヨンハンには会場からかなりの拍手が贈られてました。
この後セミファイナル、メイン共に盛り上がりいい大会でした。見に行ってたら選手も覚えれるもんですね。