UFC Fight Night Maia vs Condit
August 27, 2016 Vancouver Rogers Arena
UFC fight pass

Women Strawweight
Paige VanZant”12 Gauge”6-2-0
Bec Rawlings”Rowdy”7-4-0
たぶん久しぶりペイジ・ヴァンザント。歓声が常にすごくて人気。スタンドで進む中互角かちょっとローリングスが優位なまま進み若干押されてるかなーのまま2Rへ・・・入って最初になんと二段蹴りのハイキックがクリーンヒット!そのままパウンドアウト、女子の試合で珍しいフィニッシュ。これはずっと使われる映像ですね。

Featherweight
Anthony Pettis”Showtime”18-5-0
Charles Oliveira”Do Bronx”21-5-0
さあ、ショータイムペティスのフェザー級転向初戦。相手のオリベイラも長身なので対格差はあまり感じず。オリベイラ速攻のタックルから金網際組付き。ペティスの腰の強さと捌きで外してパンチ。パンチでさらに行くもオリベイラのタックル。何回も外して左ミドル炸裂で倒れるオリベイラ。しかしそこからしぶとく、組んでバックとってチョーク狙い。2Rに入っても組んでバック取って、だんだん疲れてきたペティスに対してノってきたオリベイラが逆にパンチと前蹴りで追い詰める。追い詰めて倒して削り、ペティスかなりピンチに見えて来たところ、立つペティスにタックルいったオリベイラの首を取りギロチン!しっかり入ってあのオリベイラがタップ。ペティスが逆転必殺ギロチンで勝利。思った以上に苦戦したものの、ものすごく流れるいい試合で強い極めでまさにショータイムな勝ち方でした。

Welterweight
Demian Maia 23-6-0
Carlos Condit”The Natural Born Killer”30-9-0
タイトル挑戦以来のコンディットと調子良過ぎるマイア。試合は遠い距離から速い低空の片足タックルから倒したマイアが完全支配。立たせることなくバック取ってチョークで極めてしまいました。コンディットをここまで一方的に倒すところ見たらこれはタイトル挑戦に誰も文句言えないですね。ただウッドリー相手やと一撃もらって終わりそうな気がしますが・・・