HELL IN A CELL 2016
SUNDAY, OCT 30 | 8 PMET/5 PMPT
TD GARDEN BOSTON, MA
WWE Network
WWE.com

WWEユニバーサル王座戦、ケビン・オーエンズがセス・ロリンズ相手に防衛戦。いつも通り激しくやり合うも、クリス・ジェリコの加勢でオーエンズ勝利。ロリンズはジェリコとの抗争に入りそうな雰囲気です。

今回はなんといっても史上初女子によるヘル・イン・ア・セル戦。PPVでのメインが女子ってのも初かな?
なにしろ今のスーパースター、サーシャ・バンクスの地元ボストンでシャーロットとの王座戦でこれなら文句なくメインでもいいです。期待。

シャーロット入場。レッスルマニア並の演出で。

サーシャ入場。こちらも。蝶野正洋を思い出します。

セルが降りてくるのを待たずにシャーロットが奇襲から場外戦。速攻の実況テーブルへのシャーロットがパワーボム!そのままサーシャが回復せず、担架が来てもうリングアナがシャーロットの勝利を告げようとした瞬間立ち上がってレフェリーを止めて試合開始。完全にここまでで会場の熱を最高潮に持って行きました。
熱い試合はリングに入っても続き、正直何回も「今のはマジでやばくなかったか?」という瞬間がありました。ただただ史上初の女子セル戦でメインにふさわしい攻防。サーシャのエディ・ゲレロばりスリーアミーゴからフロッグスプラッシュは毎回感動。


しかし最初のテーブルクラッシュが中途半端に終わったあたりから、2人の疲れ?が見えるというか不安が。2個目のテーブルをコーナーに設置してサーシャがなんとシャーロットをパワーボムの体勢で持ち歩きだしたところで腰を押さえてダウン。マジなのかどうなのか?と思ってるとシャーロットが2回投げつけた後にあっさりピンフォール。唐突な幕切れ。サーシャが怪我か?の不安と逆に途中まで素晴らしい試合だったことに拍手。


もったいないラストでしたが、また2人は格を上げたように思います。