初台湾

遊びで初めての台湾行って来ました。
お互い気使わない心配かけない男3人というのは旅行ではすごく気楽。
土日でしか行けないが一泊ツアーもなく、安いピーチで飛行機を取りホテルは現地で頑張って探す!そんな海外も初。

台北に着いてまず小籠包!ということで鼎泰豊の本店?らしきものがある永衡街へ。市場みたいな感じの道を進んで辿り着くも想像以上の混み具合で断念。他の店でちょっと食事をしてゆっくりしてから再度行くとさらに混み混み!とりあえず諦めました。そして目的の郊外、九份へ。

台北から出ているという九份行きのバスに乗りに行くと、おっちゃんが何か価格の書いた紙を持って話しかけて来る。聞くと相乗りタクシーみたいなことで、1000元で九份まで約40分で行くという。(1元はざっくり3円ぐらい)バスは1時間以上かかるらしい。ただ、5人乗って1000元、1人200元。まあ乗ってみよかと乗り込むとすぐ別の2人客も来ていざ出発。混んでて50分ぐらいかかったけどちゃんと到着。これならバスより全然いいかも!

千と千尋の神隠しがモデルにしたという街やけどそれを思わせる景色はすぐにはわからず、まずホテル探しへ…
なんとか1人400元で泊まれる安宿を見つけひと安心。

それっぽい雰囲気の場所は意外に少なく、あまり千と千尋の世界は感じられず…行くとこ悪いのかな?

ちょこちょことゴミ収集の車がでかい単音で「エリーゼのために」を鳴らしながらやってくる。なかなかの風情クラッシャー。

知ってる人は知ってるのかもしれんけど、九份の夜は行く所があまりなかった。

朝、安宿ながら景色がすごくいい。朝食をいただき、隣接してるカフェでコーヒーもいただき出発。

タクシーで台北へ戻り、そごうの鼎泰豊で小籠包を…なんやかんやでちゃんとした所にあるちゃんとした店は間違いなくうまい!

そして珍しいから行ってまえ!ということで近くにあった焼肉屋にも。値段は日本の安めの店と変わらず。店員さんが全部焼いてくれる、肉はまあまあ。海鮮メニューで秋刀魚が!

あとはいかにも台湾らしい、大龍寺というところへ寄って帰りました。

のんびりかつ先の見えない自由な台湾旅行、行ったメンバーが常に面白いのと気楽なのが実に心地良かった。

また同じような感じで違う場所に行くことになりそう。