UFC 253

朝からまずUFC253。
なんと途中でFight Passが落ちたようですが、WOWOWで見てたのでよかった。落ちることもあるんですね。
ジョン・ジョーンズが返上したライトヘビー級王座の王者決定戦。
ヤン・ブラホビッチがドミニク・レイエスをパンチでKO!
新時代が始まったこの階級、今後はRIZIN王者イリー・プロハースカにも期待です。

ミドル級タイトルマッチは無敗の王者イスラエル・アデサニャが、無敗の挑戦者パウロ・コスタを迎え撃ちました。
そんな差ある?ってぐらい距離を支配したアデサニャがほとんど攻撃もらわず左フックでKO。
ただアンデウソン時代に比べてタレントが少なく感じるというか、ライバル的な存在欲しいところ。

RIZIN.24

そして夕方からRIZIN.24。スカパーで生中継視聴。
大晦日以来のさいたまスーパーアリーナ、でも観客は5000人制限。
フジテレビ系列全国放送と言われてたのに関テレはなんと阪神ヤクルト戦を放送するため関西はRIZIN無し!これは関テレが後悔する結果が出ないと次からの地上波が危うくなる。

しかし最初から盛り上がるいい試合ばっかりでした。
RENAが試合後にあと数試合で引退宣言。ONEかUFC挑戦期待してたんですが、もうキャリア長いし仕方ない。上取ってアームロックの形なった時、富松恵美相手にはリスク高い腕十字行くかどうかの葛藤が見えたんですが、もし現役続けるなら行ってたんじゃないかと思いました。

元々知ってはいたけど、少し前にたまたま隣になって一緒に飲ませてもらった昇侍選手が今回セミで朝倉海戦ということで、朝倉海も好きなので複雑ながら応援していました。20年以上見ていると、デビューの頃から知ってる人が引退して行く姿も何回も見てきました。キャリア終盤に差し掛かってそうな年齢の選手が気合い入れて試合に向かう姿や表情はものすごいグッときます。
試合は朝倉海が1年前に堀口恭司を倒した右ストレート2連発から、先月扇久保博正を倒したサッカーボールキック。
次があるなら石渡伸太郎戦とかどうかなーと思いました。

メインはK-1から来た皇治が強引に挑戦して実現した那須川天心戦。2年前のK-1大阪大会のメインで武尊vs皇治があり、あの試合後に初めて武尊が那須川天心戦に向けて動いてる発言がありました。あれから時間が経って皇治が天心とってなるとどうしてもそこに向かうストーリーに見えてしまいます。
試合は圧倒で天心勝利。想像してた通りではあるけど、派手なKO狙い過ぎにも見えました。
試合前から言ってた天心の「キックはあと数試合、ボクシング世界王者になってUFC王者とキックで対決」と語った夢、インタビューで言って拡散された皇治の「武尊の方が強い」発言はこれからどう影響していくのか。

新日本プロレスG1 CLIMAX 神戸ワールド記念ホール大会

遅れて新日本プロレスG1 CLIMAX観戦。
去年のベストバウト鷹木信悟vsウィル・オスプレイは鷹木が勝利。2人ともしっかりヘビー級。
ジェイがオカダのコブラクラッチを切り返してのブレードランナーで勝利。ちょっとずつレインメーカーの封印を解く必要性が出てきました。

この日見たニュース

竹内結子の件はびっくりした。

今やWWE女子トップを走るアスカが誕生日