WWE ELIMINATION CHAMBER 2018
FEBRUARY 25, 2018
WWE network
WWE.com

毎年恒例エリミネーションチェンバーマッチ。今回は初の女子版も。ロイヤルランブルに続いて女子版やりますねえ。ヘル・イン・ア・セルやってランブル、チェンバーやって来たのでもうないかな?

RAW女子王者戦
アレクサ・ブリス vs ベイリー vs ミッキー・ジェームス vs マンディ・ローズ vs ソーニャ・デヴィル vs サーシャ・バンクス
サーシャの気合いの入り具合と、アレクサの思い切ったラストの攻防がよかった。試合後ベルトを掲げるアレクサへの「You deserve it!」チャントがすごくてなかなかいいシーンでした。

完全に”woken”として”broken”復活を果たしたマット・ハーディーとブレイ・ワイアットの抗争は徐々にマット優勢に変わってきたので去年のワイアットvsランディ・オートンみたいな映像での戦いそろそろありそうです。

ロンダ・ラウジーの公開契約。ロイヤルランブルの時より細く締まった感じで、サイズ合わせた革ジャケット、変わらん笑顔で入場。大ロンダ・ラウジーチャントに涙目で、なんとなくUFC最後の方は見てるの辛かったけどここのシーン見てよかったなーとしみじみ。しかしカートにHHHは影でラウジーを悪く言ってたことをバラされ激怒。まさかのテーブルクラッシュ!ラウジーのプロレスでも使える最高の武器「怒り顔」が出ました。

男子のエリミネーションチェンバーはトリプルスレッドから始まる7人制。予想通りロリンズやベイラーそしてストローマンがものすごい活躍。なんでも対応できますね。シナも経験あってレインズも絵に合って、いいメンバーだなと。そしてラストも予想通りレインズ。これでレッスルマニアでのレスナー戦が決まりました。

今回は前哨戦としてRAWで組まれたガントレット戦がえらく面白かったのでメモがわりに。




あと、ロンダのプロレス練習初公開。