HEIWA Presents G1 CLIMAX 29
2019年7月24日(水) 広島・広島サンプラザホール
新日本プロレスワールド

第1試合 20分1本勝負
ウィル・オスプレイ & 本間 朋晃 & 上村 優也 vs バッドラック・ファレ & 高橋 裕二郎 & チェーズ・オーエンズ

今回のG1で最大の体重差があるオスプレイとファレが前哨戦。今年のニュージャパンカップで対戦してオスプレイがウラカンラナで勝ったけど肩思いっきり浮いてたってやつですね。あれを晴らすって意味でも楽しみ。
試合は裕二郎と本間から。解説には小島聡。本間のこけしはどうやったら当たるか?って話で「基本的にあたりません」言うてました。そして場外でファレがオスプレイを襲う!チェーズと裕二郎が本間を攻めて、やっとオスプレイに代わったが、オスプレイが関係なくファレに一直線、飛び蹴り!プランチャ!
リングでチェーズとの攻防に入る。これがなかなか良い感じ。チェーズのロープリバウンド式のデスバレーボム!めっちゃいい!


上村が裕二郎にかんぬきスープレックス。いい。しかし裕二郎のピンプジュースでカウント3!場外戦ではファレがオスプレイに圧倒。

第2試合 20分1本勝負
“キング・オブ・ダークネス”EVIL“ & SANADA & BUSHI vs ザック・セイバーJr. & ランス・アーチャー & 鈴木 みのる

ザックとEVIL、SANADAとアーチャーが前哨戦。鈴木軍奇襲から場外でEVILを極め続けるザック!そしてこのG1期間中ずっと前哨戦に関係ない人狙いで暴れる鈴木。アーチャーに代わり鈴木に代わりザックと鈴木軍が順番にEVILを攻める。ザックが飛びついてのフロントチョークもEVILがブレーンバスターで投げ捨ててSANADAにタッチ。今のSANADAへの期待感高く大歓声!アーチャーにドロップキック、フランケンシュタイナー。アーチャーがカウンターでスクラップバスター!LIJが連携で鈴木に攻撃、BUSHIがMXを狙ったところアーチャーがEBDクローで阻止!SANADAが後ろからスカルエンドを狙うもアーチャーはかけられながらEBDクローで逆転!鈴木がゴッチ式でBUSHIから3カウント!
どの状態からでも出せるEBDクローの良さが光りました。

第3試合 20分1本勝負
棚橋 弘至 & 海野 翔太 vs 飯伏 幸太 & 成田 蓮
さあいきなり出ました前哨戦の棚橋と飯伏。しっかりレスリングから飯伏ムーンサルト。成田と海野は海野が荒い打撃で圧倒。ただ海野は肩負傷中?そこを攻めて攻勢になった成田、飯伏にタッチ。海野が豪快なスパインバスター!棚橋が飯伏にテキサスクローバー、そこに成田がドロップキック!いい。さらに代わって成田が棚橋にフロントスープレックス!ボストンクラブ!最後は棚橋が成田にスリングブレイドで3カウント。前哨戦というよりヤングライオン2人が光った試合でした。

第4試合 20分1本勝負
オカダ・カズチカ & YOSHI-HASHI & トーア・ヘナーレ vs KENTA & クラーク・コナーズ & カール・フレドリックス

G1全勝同士のオカダとKENTAが初遭遇。先発!ドロップキックをかわしたKENTAがキック、レインメーカーポーズ。ヘナーレとフレドリックス。場外でオカダとKENTAが乱闘!フレドリックスがヘナーレにスパインバスター、コナーズがヘナーレにドロップキック。ヘナーレが豪快なブレーンバスター。ヨシハシに代わるもコナーズとフレドリックスの連携に捕まる!しかしヨシハシがラリアットからバタフライロックでコナーズがタップ。場外で睨み合うオカダとKENTA!

第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
ジュース・ロビンソン vs 矢野 通

試合開始から「フレンドシップ!」と言いながら握手する矢野がバックからスクールボーイ!コーナー外してジュースのパンチを防御、スクールボーイ!場外でリングアウトを狙うもギリギリの攻防で両者上がって決まらず。レフェリーを使い金具むき出しコーナーを使い両者が丸め込み連発。スピーディーで面白い!ジュースがパンチからパルプフリクションを決めて決着!

第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
後藤 洋央紀 vs タイチ

長いタイチの入場、後藤が入場から速攻で殴りかかり試合開始。場外でタイチがあべみほやヤングライオンを使って逆転。実況席で乱戦。リングでもタイチが圧倒。後藤の反撃は続かずタイチペース。後藤がやっとで牛殺しからミドルキック連打。タイチがキック、後藤が頭突き、タイチがジャンピングハイキックも後藤が頭突きを合わせる!裏GTRからGTR狙うもタイチがレフェリー突き飛ばしてからバックドロップ。マイクスタンドでの一撃を後藤がかわして頭突き、ミドルキック、そしてGTR狙いのところまたタイチがレフェリー利用して外して急所蹴りから丸め込みでカウント3!

第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
ジョン・モクスリー vs 鷹木 信悟

この2人は10年前にちょっとだけ同じリングに立ってたらしいですね。手が合うかも。そして広島で客席から登場のモクスリーと海野!今回ジャケット脱ぎながら入ってきました。そしていきなり鷹木に突っかかる!
早速エルボー打ち合いで始まりました。噛みつきも入れてコーナーでパンチとチョップ乱打、鷹木もやり返して打ち合い、場外に落とした後にトペスイシーダ!鷹木が受け止めてデスバレーボム!モクスリーがテーブル置いてパワーボム狙うも返されてリングへ。
モクスリーが足4の字固め。技多い。鷹木がラリアット連発でペース掴みかけるが、足のダメージ見たモクスリーが低空ドロップキック!そんなんやんねや!さらに鉄柱にぶつけてから鉄柱足4の字!鷹木がジャーマンするとモクスリーもジャーマン!ラリアットにはラリアット!何戦もやってるかのように合ってる2人!モクスリーはドラゴンスクリューからテキサスクローバーを狙ったり足集中攻撃。こういうの日本では特にいいですよね。しかし膝蹴りを避けた鷹木がパンピングボンバー2連発からラストオブザドラゴンを狙うも、足が踏ん張れず、降りたモクスリーがダーティーディーズ!デスライダーを狙ったところ鷹木が押し込み場外へ。モクスリーがさっきのテーブルに鷹木の足を叩きつける!さらにパイプイスで足挟んでのパイプイスで一撃!ギリギリでリングに戻った鷹木がものすごいスピードでの膝蹴りからデスライダー!と思いきや鷹木が切り返してラリアット!メイドインジャパン!フィニッシュ狙う鷹木の足を攻めて後頭部に膝蹴り!さらにテキサスクローバー!タップアウト!モクスリーが日本で初めてのタップアウト勝利。
2人の深み、良い所がどんどん出てくるいい試合でした!

第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
ジェフ・コブ vs ジェイ・ホワイト

いつものようにジェイがのらりくらりかわしていこうとするが、ジェフ・コブが捕まえて投げる!外道に気を取られたジャフ・コブを背後から襲ったジェイが優勢に。エプロン断崖式のネックブリーカー!リングでもネックブリーカーから首狙い。カウンターでバックフリップに行ったジェフ・コブがそのまま跳ね起きしようとした所ジェイが髪の毛掴んで叩きつけ。めっちゃ痛そう。しかしジェフ・コブがフロントスープレックス、ショルダースルー、サイドスープレックス、抱え上げからブレーンバスター、その場ムーンサルト!ひとつひとつの技が超大技に見える。エプロンスタンガンで反撃したジェイがコンプリートショット2連発!さらにバックドロップ!裏投げ!
打撃戦から今度はジェフ・コブがブロックバスター、アスレチックプレックス、雪崩式ブレーンバスター!フィニッシュ狙うもジェイがレフェリーに誤爆、乱入した外道にスラム!ジェイが急所パンチからスリーパースープレックス!そしてブレードランナー、を切り返したジェフ・コブがツアー・オブ・ジ・アイランド、切り返したジェイがブレードランナーで3カウント!ジェイがここでやっとの初白星!

第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
石井 智宏 vs 内藤 哲也

さあ内藤の地元広島、大内藤コールで始まりました。
いきなり打撃戦、エルボー打ち合い!内藤が投げから後頭部にドロップキック、場外落としてのフェイント内藤ポーズ。そして内藤がネッククランクで首攻めから顔面蹴り。石井にスイッチが入りパワースラム!石井が打撃で圧倒するかと思ったら内藤がところどころ耐えて、ジャンピングキック、ヘッドシザースホイップ、後頭部ドロップキックからコーナーで足払ってのドロップキック。相変わらず速い技の流れがすごい。しかし頭はたきとツバ飛ばしで石井のスイッチがまた入り強烈なエルボー!チョップ!コーナーで連打!倒れた内藤を起こして再度連打!また起こして連打!反撃狙う内藤をかわして石井が捻りの効いたバックドロップ!内藤がフランケンシュタイナー!石井がジャーマン!内藤がスイングDDT!大内藤コール!
内藤がさらにコーナーでネックブリーカーから雪崩式フランケン!そしてジャンピングエルボーアタックからグロリア!デスティーノを返された内藤がジャーマン、リバースフランケン!完全にペースを掴みっぱなしだった内藤がついに石井のラリアットを受けてストップ。石井が頭突きから雪崩式しかもトップロープからのブレーンバスター!いつものようにかなりジャンプしてるのでもうリング中央超える着地。石井がまた頭突き、ラリアット、垂直落下ブレーンバスターをしのいだ内藤が浴びせ蹴り、コリエンド式デスティーノ!かなり崩れた形でしたけど勢いはあった。正調デスティーノをしのいだ石井が垂直落下、を逆に投げた内藤!でもすぐ立った石井がスライディングラリアット!さらに狙った垂直落下をバタバタ降りた内藤がバレンティアから正調デスティーノでフィニッシュ!何回もやってるこの2人でまだハラハラするフィニッシュ合戦できるのがすごいですね。
最後は内藤が久々?マイクで締めました。