SAKURA GENESIS 2017
2017年4月9日 東京・両国国技館
新日本プロレスワールド

さあ来ました4月の両国。内藤戴冠のLIJ旋風が始まってもう1年なんですね。速い。濃い。

IWGPタッグ選手権試合
小島 聡 & 天山 広吉 vs ハンソン & レイモンド・ロウ
巨漢コンビのウォーマシーンがテンコジに挑戦。解説によると、このチーム結成の時にコーチが新日のビデオを見せて教えてたと。それで学んでここまで来て実際に新日のリングでこうやっておそらく見てたであろうテンコジに挑戦、ウォーマシーンにも感情移入できる。ちょっとアピール多くて日本でやるにはテンポ遅く見えましたが盛り上げて王座奪取。さすがに長そうな本間の復帰を待つまではテンコジ引っ張るのは厳しいですもんね。

NEVER無差別級選手権試合
後藤 洋央紀 vs ザック・セイバーJr
鈴木軍所属としてのザックが後藤に挑戦。序盤から珍しいテクニック惜しげなく披露で、腕攻めの連続は素晴らしく「何やっても腕取られる!」っていう雰囲気で中盤からほんまに後藤やられる感出てきておもしろい試合でした。ただ前の柴田戦と同じくいいとこで鈴木軍乱入で荒れてそのまま狙ったものの後藤の反撃爆発でデスペラードと鈴木みのるを蹴散らしてザックにもGTRでフィニッシュ。結果的に鈴木軍がザックのペース乱した感じになったので、ザックはまた離れるかも?そして鈴木みのるが後藤と乱闘、次はNEVERで抗争かな?

IWGPジュニアヘビー級選手権試合
高橋 ヒロム vs KUSHIDA
なんでまた?と誰もが思ったKUSHIDAの挑戦ですが、いい意味で裏切られ盛り上がりました。入場のヒロムにコーナーからKUSHIDAが場外ダイブ!そこからのイスに座らせてドロップキックが強烈で最高。しかしリングに上がってからまさかのヒロムの必殺連続でなんと1分56秒決着!こういう秒殺がこういうタイミングで出るのはいいですねーほんま。これはおもしろかったし、この短い時間でいいとこを出し合える2人さすがというか。そして試合後はリコシェが登場で挑戦表明。あんまり試合後登場表明パターン続けて見るのどうかと思いますが、リコシェはどこで、もしかすると大阪城ホール?

IWGPヘビー級選手権試合
オカダ・カズチカ vs 柴田 勝頼
この何年か、いつかいい感じで見たいと思ってた対決。タッグでもほぼ絡むことなかったので新日本が温めてるカードやと思ってましたが、ニュージャパンカップ優勝の約束話をここで持ってきたわけか!と、しかも柴田は今NEVER離しながら絶頂でほんまにいい時期。変にドームまで待たずによかったと今では思います。
柴田入場で父親柴田勝久の話が出て、元レスラーだったと知りました。自分が見始めた頃はもうレフェリーだったので。そして実況の「俺は生まれた時から新日本プロレスだったんだ!」これはいい名セリフ。素晴らしい。


今回の煽りポイントとして「今のプロレス」と「昔のプロレス」の戦い。オカダドルの量がいつもより多く見えました。


もうこの試合をお互い満喫するかのように、ゆっくりじっくり観客と対話するかのように、試合は始まりました。いつもの通りメキシコ仕込みのレスリングでいくオカダにヨーロッパスタイルで対抗する柴田、ただ柴田はそこに昔の新日本プロレスを思わせるような動きも取り入れていき、引き出しの多さを見せつけグラウンドからロープブレイクで立ち上がったオカダに対してなんとアリキック!そして足四の字固めやインディアンデスロックで足を攻める猪木を意識した攻撃。昔の、団体や父親から学んだであろう昭和のプロレスをぶつける姿を見て「そうか、このスタイルを正統に引き継いでる感じする人って今は柴田しかおらん」と気づきました。

そして得意のエルボー打ち合い。オカダも強く打ってるのに柴田は音が違う。バキってのが的確な強烈で見てて顔しかめてしまう音。画面で見てこれならリングサイドではもっともっと怖いやろなと。よくある腿叩いて音鳴らすキックに対して柴田はエルボーもキックもガチ音でこれだけできるのがおそろしい。この打ち合いは何回かありましたがオカダが打ち勝つなんてありえないぐらいの差を感じました。

しかしオカダは自分の技で対抗。場外でのDDTや顔面キックに走り込んでのドロップキック、自分のエグさでしっかり返していきました。気が付けば30分超え!ほんまにおもしろいけど、お互いの体が心配になるほど激しく、昔の全日四天王のプロレスをも思い出します。あらゆる歴史を呑み込むかのように会場の空気も異様に高まりきったところでついにオカダが回転なしですがレインメーカー炸裂!すると柴田が倒れず耐える!これは初めて!歯をくいしばって耐える柴田!そして頭突きで自ら流血。普通のいい試合を越えてきました。


抜群の時間に強烈な卍固め!ここは決まる雰囲気バンバン出てました。最後はきっちりレインメーカーを受けた柴田ですが、受ける瞬間左手でエルボーの形を作ってたように見えたけど先にオカダの腕が当たるような感じでフィニッシュ。

体格も近く新日の主役感も持った2人の対決はこの時点で名勝負数え歌できていきそうと思えるほどでした。そして1回対戦しかけた3年前に比べて両者の引き出しがものすごく増えて、タイミング的に最高。この試合は柴田はもちろん、あの攻撃を受け切ったオカダの評価をめちゃくちゃ上げたように思います。ああ、だからチャンピオンなんやと。

最高であり今後も新日が楽しみ。