THE NEW BEGINNING in OSAKA
2018年2月10日 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
新日本プロレスワールド

新日本プロレス大阪大会毎年恒例2月。レインメーカーショックからもう6年。今年もオカダ・カズチカがメインで挑戦者はSANADA。チケット取るのが遅れて2階の最後列になりました。

次のタイトルマッチ予定、IC王者の鈴木みのると挑戦者の真壁刀義が早速大乱闘。会場の鈴木人気すごい。

カードを見るとこの日はバレットクラブが出てません。バレットクラブ抜きでこれだけカードを揃える今の新日はやっぱりすごい。
あと大阪では内藤哲也にブーイングが多いという恒例をまた起こすとしたら、相手がYOSHI-HASHIなのは物足りなかったかな。

今回のサプライズ?3月のアメリカ大会になんとレイ・ミステリオが参戦!
しかもライガーに挑戦表明。日本にいた時はWARだったんで絡みは微妙になかった、クルーザー級レジェンド対決。いいですねえ。

最近の感じからして当然と言えば当然ですが、IWGPジュニアヘビー級タイトルマッチ、ウィル・オスプレイ vs 高橋ヒロムはかなりスピーディーな攻防で盛り上がり、2階からでもわかる派手な試合。ただ今後もジュニアを盛り上げるとしたら、もう少し荒れた試合やハズレ試合もあってもいいかなと思います。今のところ違う空気作ってくれるのはマーティー・スカルかBUSHIかな?

NEVER無差別級タイトルマッチで後藤洋央紀 vs EVIL。なんでしょう、そんな多くないはずやのにもうかなり見尽くした感あるこの対決。EVILが石井智宏と似てるんですかね。セミがジュニアの方が良かったかも?

メイン、オカダとSANADAの試合は前哨戦が盛り上がってたのもあって、最初のレスリングから興味深く見れました。よく言えば確実に、悪く言えば定番通りに進みます。SANADAのドロップキックも綺麗やけど、あのリープフロッグ2回やる流れが試合後半だと違和感あるような・・・序盤に見たいかな。
後半はスカルエンドとレインメーカーの切り返し対決。SANADAのスカルエンドで追い詰めたところへのムーンサルト、ラウンディングボディプレスは勝手に色々考えてしまいました。IWGPは武藤のこの技で、とか。


最後はスクリューのツームストンからレインメーカー。結果的には前哨戦含めてSANADAの評価が上がったような試合でした。
ただ、どうも大阪の観客はいらんタイミングのいらんヤジが多い気がしました。ワールドで見てる人もオカダに「帰れ!」言うてる声聞こえてたみたいやし、大阪おもんなく見えるのはどうかやめて欲しい。

次の大阪ビッグマッチは・・・内藤哲也 vs クリス・ジェリコが噂される6月の大阪城ホール!