ニューオーリンズでプロレス以外の観光も少しだけしました。

記事一覧→ -NOLA2018 アメリカンプロレス観戦の旅-

4月8日レッスルマニアの日、朝起きてホテル朝食。パンとパイ?と果物、あとはパン2種類とバターやジャムは多数。あとドリンク。
卵も何もなくて少々辛い朝食でした。


そしてスーパードーム付近をウロウロ。




突然20歳前後ぐらいの男2人に「レッスルマニア行くのか?」みたいに声かけられ、しばらく話しました。デリックとドレイク。新日本プロレスもよく見てて、いつかWRESTLE KINGDOMを見に東京ドームに行きたいと。こっちがレッスルマニア行きたいと思ってたような感じなんでしょうか。なんか嬉しくなりたどたどしいながら国際プロレストーク数分。Twitterは繋がったので、またいつか東京ドームで再会できるだろうか。

ドームに公式のWWEグッズショップがあったので行ってみました。外にもトレーラーみたいなのでショップいっぱいあります。
広くて品揃え豊富で、店内は常にエントランステーマも流れてタイタントロン映像も流れて、その世界に入ったような感覚。ディズニーストアとかで言うことですかね。


一目惚れしたTシャツ。レスナーが音楽の街の象徴みたいな人を投げてます。

イベント会場が見えます。ここで初めて見ました「NOLA300」

ここで同じルイジアナ州で働いてる高校の同級生が来てくれたので、初めてのプロレス以外の観光を。
目指すはニューオーリンズの中心バーボンストリート。


ここから。バーかレストランがずーっと続いてる感じ。



人多いんですがプロレスTシャツばかりで普段どうかよくわからんぐらいです。完璧なシェイマスのモヒカン頭と服装の人もいました。
バーのイベントゲストがケビン・ナッシュ!

そして昼食で入ったオイスターのレストラン。

Royal House
海沿いの街らしく牡蠣や海老の文字を見つけて注文。お酒はIDが必要で、パスポートとか見せます。
正直、牡蠣はアサリぐらいのサイズで寂しい!海老もちょっとでよくわからん団子の方が存在感強く。


ニューオーリンズの雰囲気を表す言葉「BIG EASY」という文字が入ってた地ビールは美味しかった。


ワニの唐揚げはあっさりして美味しかった!

また外に出ると演奏隊が!

ニューオーリンズらしいとこ通った

Ryo Fujioさん(@gyokurin)がシェアした投稿 –


昼過ぎからライブの音もよく聞こえてきました。どこも楽しそう。


でも繁華街というか人が多いエリアから少し離れると店も減り、夜とか1人では不安になりそうな道ではありました。
ここは音楽にも深そうで古そうで渋かったので撮りました。詳しい人はおおっとかなるんかな。

そうこうしてるうちにレッスルマニアが近づいてきたのでお礼言うて解散。ありがとうありがとう友よ。

レッスルマニア翌日はよほど疲れてたのか目的達成したからなのか今年一番よく眠れましたが、晩のRAWまで何もないのでまた街をウロウロ。
ホテル裏の公園。

またバーボンストリートに来て海鮮の店。

Felix’s Restaurant and Oyster Bar
なんとなく入ったらカウンター案内されて「ウォーキング・デッド」のキャロルに似た店員さんに注文。ビールも「〜〜made」とか言うので地ビールと解釈して注文したら正解。美味しい。「あちらのヤングレディにIDを見せてね」言われたらカウンター内にはミショーンに似た店員さん。

牡蠣を海老のプレートを注文したらビッグサイズ!揚げ物!
けっこうきつかったですが、グイグイ食ってたらミショーンに「Are you OK?」と聞かれたけど、この場合OK以外に言うこと浮かばなかったので仕方なくOK言うときました。

あとはスーパーでお土産購入。うまそうなものは全然並んでないのでけっこう困りました。

やっぱ普段関わらない文化、チップについては先に調べてました。
タクシーでは36ドルを40ドル出したら向こうが理解してOK言うて終わります。ホテルは朝出る時にベッド横に2ドル。
レストランではカウンターでミショーンに会計してもらって、お釣り10ドルちょっとあったので受け取ってから5ドル置くと、今までの1.5倍ぐらいの笑顔でThank you言われて、トイレも案内してくれました。チップめんどくせえとか高いとか思ってたんですが、きっちり決められた会計より少しの気持ち乗せが見せれるという意味ではその時その時の特別感が生まれる文化ですねえ。まあやっぱり高いけど。

”BIG EASY”ニューオーリンズだからこそなのか、思ってたより街や店やホテルの人が親切で、こっちの言うことも理解してくれようと頑張ってくれてて過ごしやすかった。

最後は帰りの機内食。CAさんが他の人にはずっと「ライスかイタリアンパスタか」聞いて出してたのに、自分の時は何も聞かずイタリアンパスタを置いてきました。なんでや。まずいし。