RIZIN 平成最後のやれんのか!
2018年12月31日 9:00 さいたまスーパーアリーナ
公式サイト

今年はなんと朝9時から追加興行がありました。チケットは一律5000円で場所は抽選!なんと2列目でした。

第1試合 [RIZIN チャレンジ ルール : 5分 2R(49.25kg)]
川村虹花 vs. あい
早速試合の煽りから始まりました。この日一番最初の入場は仮面女子。やっぱりRIZINは豪華!

DEEP JEWELSで経験積んでる川村虹花と、格闘代理戦争で有名でアマチュア2戦のあい、いいカードだと思います。選手レベルとかの批判ありそうですけど野沢真珠オークレアももともとそんな感じですよね。
試合は川村のパンチがバシバシ入り、あいがひるむも組みついてテイクダウン。そこからの抑えが強くじっくりポジション作ってパウンドでストップ。両者の見せ場あってよかった。

第2試合 [RIZIN キックボクシング ルール : 3分 3R(92.0kg)]
内田雄大 vs. 小西拓槙
内田選手のセコンドにピーター・アーツ。熱くなってました。
けどこの階級のキックってどうしていくんでしょう?試合は面白かったけど結構差があるように見えました。

第3試合 [RIZIN キックボクシングルール : 3分 3R(64.0kg)]
白鳥大珠 vs. ウザ強ヨシヤ
前回負けた選手と新しい選手っていうこれこそなんで?と思ったカードですけど、接戦で盛り上がりました。

第4試合 [RIZIN MMA ルール : 5分 3R(61.0kg)※肘あり]
ムン・ジェフン vs. 朝倉海
朝倉海が以前に負けてる相手へのリベンジ戦ということで、打撃だけじゃなくタックルから色々MMAとして面白い試合でした。最後の方は根性勝負の殴り合いみたいになって、どっちもすげえって感想。

第5試合 [RIZIN 女子 MMA ルール : 5分 3R(57.5kg)※肘あり]
渡辺華奈 vs. 杉山しずか
なんでか1年前の再戦。入場のいつものやつ撮れましたが・・・開始早々渡辺の右のパンチでKO負け。早いと言われてますけど見た感じカクンと落ちる感じ見てて心配でした。

第6試合 [RIZIN MMA ルール : 5分 3R(68.0kg)※肘あり]
リオン武 vs. 朝倉未来
あの強いリオン武が帰って来るのか!?と思いたいところ、朝倉未来の日沖戦見たら相当ヤバイ・・という感じで迎えた試合。リオンの入場でいいのが撮れました。試合は終始スタンドで進んで、朝倉の左ハイを相当意識してたリオンが防いでましたが、裏をかいて?左の膝が顔面に!ものすごい朝倉の左膝蹴りでKO。また修斗のレジェンドがやられました。

第7試合 [RIZIN MMA ルール : 5分 3R(70.0kg)※肘あり]
川尻達也 vs. 北岡悟
さあ、2007年の「やれんのか!」の話から入った煽り映像。燃えました。
入場では北岡はいつも通り、川尻はなんとDREAMのテーマで。そうそう川尻が一番輝いてたのはDREAMの時代なのかも。

北岡がステップ踏んでキック出して動きは軽そう。タックルに行くも川尻が反応早く切ってこちらも調子いいかなと思ったところ、北岡の左ストレートがヒットで川尻ダウン。そこからがぶっての膝蹴りをコツコツ入れる北岡。状態厳しく見える川尻にセコンドが「まだだよ!終わらないよ!」って声が響いてなんかこう、胸に来ました。そこからは前に出る川尻、でも打撃が正確に当たるのは北岡という感じ。

なんというか、もうかなりキャリア長く体じゅうダメージが蓄積してるであろう両者の戦いなだけあってお互い慎重に的確にという感じで・・・ちょっとした激しい攻防が始まればどちらかがどこか痛めてしまうんじゃないかって不安を感じてしまうピリピリ感。でも必死に勝ちを目指して食らいつく2人を見てたら辛いけど目をそらしてはいけないみたいな。こんなになるまでして日本の格闘技を支えてくれてたんやなと。

結果は2-1で北岡。本心かどうかわかりませんが「今日の僕は史上最強」という言葉がなんかすごく清々しくて気持ちよくて。

会場7000人ぐらい入ってたそうで、朝早くハードでしたけど多分ずっと「やれんのか!」の感動を覚えてる人達なんやろなーと。
こういうテーマの大会、タイトルだけ続けても意味がないので、今後あるかどうかわからない貴重な時間にこの場にいれてよかった。