観戦来ました。
オープニング、高田延彦なぜかラッパ演奏。そして入場式はやっぱり盛り上がる!

第1試合 RIZIN MMAルール 1R10分 / 2R5分 / インターバル60秒(70.3kg契約/肘あり)
北岡悟
ダロン・クルックシャンク
いつもに増してやばい表情の北岡、これ放送できんのかってぐらい。試合はスタンドで、北岡のフックやボディストレートが当たる当たる、すごい!と思ってたらクルックシャンクのパンチも当たり打ち合いに。北岡タックル行かず!打ち合い!タックル行かず!打ち合い!ダウン!
なんでーー!?と思ってたらラウンド終盤タックルから見事にギロチン極めて勝利。フジテレビに出れた!ってマイクで言うてたけど、あの表情と血まみれの顔はしっかり放送あるんやろか。

第2試合 無差別級トーナメント リザーブマッチ 5分2R 延長1R
ワジム・ネムコフ
アリソン・ヴィセンテ
ネムコフ一方的にパウンド葬。かなり打ち込んだほぼ全部当たってたかな。会場どよめく迫力とアリソンのダメージ。

第3試合 RIZIN 女子MMA特別ルール:5分3R / インターバル60秒(48.0kg契約)
浅倉カンナ
アリーシャ・ガルシア
煽りの時点で後方の客席から甲高い大声援。現役女子高生の浅倉の応援でしょうか。同級生たちがチケット買って応援。もう感動。
でも試合はガルシアがスタンドもグラップリングも強く、膝が顔にもボディにも効いて判定負け。

第4試合 RIZIN MMAルール:1R10分 / 2R5分 / インターバル60秒(68.0kg契約 / 肘あり)
矢地祐介
マリオ・シスムンド
咬ませ感すごいパッキャオ似のフィリピン人を、速攻の飛び膝からパンチラッシュで矢地が秒殺勝利。

第5試合 RIZIN MMAルール 1R10分 / 2R5分 / インターバル60秒(56.7kg契約)
和田竜光
カイ・カラフランス
和田がローキック効かせて倒れまくるカラフランス。しかし粘られ判定勝利。

第6試合 RIZIN MMAルール:1R10分 / 2R5分 / インターバル60秒(60.0kg契約 / 肘あり)
元谷友貴
アラン・ナシメント
緊張感ありスピーディーなスタンドでの打撃戦から元谷ダウンするも、グラウンドでオモプラッタ、フットチョークと攻めて首折れるんちゃうかってぐらい絞め上げるギロチンも耐えられ判定で元谷。

第7試合 RIZIN MMAルール 1R10分 / 2R5分 / インターバル60秒(70.3kg契約)
宮田和幸
アンディ・サワー
警戒し過ぎか、全く打撃出す間もなく宮田のタックルを受けたサワーが何回かしのぎながらも最後は腕十字でタップ。

第8試合 RIZIN MMA 特別ルール -56.7kg契約 3分3R・インターバル60秒
那須川天心
ニキータ・サプン
相手の映像素材ゼロで謎すぎるもののわりとちゃんとしてて、初MMAながらキックバシバシ入れる天心を下から腕十字!かなり伸びきってヤバイ折れる!って思うぐらいなったけど逃れて逆にパウンドで天心がKO!離れずすぐやり返してのKOはなかなかかっこよかった。
そしてマイクでまさかの31日も出場直訴!高田延彦が観客の反応確かめた上で、メディカルチェック通ったらということで内定。すごいことするな!

第9試合 RIZIN 女子MMA 特別ルール:5分3R / インターバル60秒(57.15kg契約)
中井りん
村田夏南子
いい煽り、いい表情の中井。グラップリング得意な2人がどこで差が出るのか?というところ。村田はパンチからタックル一本。中井は上下のパンチに組みも混ぜて散らしての右!当て方や作戦きっちりできてる印象の中井が徐々に詰めて、村田のタックルさばき見事なチョークで一本。素晴らしい強さ!

第10試合 無差別級トーナメント 2nd ROUND 5分2R 延長1R
シモン・バヨル
ワレンティン・モルダフスキー
スタンドで互角、けどグラップリングでかなり差が見えたモルダフスキーが判定勝利。

第11試合 無差別級トーナメント 2nd ROUND 5分2R 延長1R
ヒース・ヒーリング
アミール・アリアックバリ
ウエスタンハットで入場のヒーリングが夢のようというか懐かしいというか。大歓声で迎えられ始まった試合ですが、アリアックバリがパンチから組んで、最近よく見るバックからのパウンド地獄。逃げれずかわせず、ただ溜まるダメージ。なんとかラウンド凌いだヒーリングが後半盛り返しパンチとハイキックでラッシュに行くもののタックルで潰され判定負け。優勝候補といわれるアリアックバリは終盤疲れを見せました。

第12試合 無差別級トーナメント 2nd ROUND 5分2R 延長1R
高阪剛
バルト
とにかくバルトが強い組みで押さえたまま微妙な膝蹴りを入れ続ける展開。判定の時には会場大ブーイング。
「じゃあ誰か私の代わりに出てきてやってくださいよ」
なんか一番ダメな返しちゃうかな、、と。ヒールになってきました。

第13試合 無差別級トーナメント 2nd ROUND 5分2R 延長1R
ミルコ・クロコップ
キング・モー
やっぱりミルコの入場テーマいい。盛り上がって盛り上がって開始。
ミルコがいつも通り様子見てフェイント入れてパンチ、ミドル。モーはパンチ。ミルコのローキックに合わせたモーのものすごい速いタックル!桜庭みたい。ガード上からのモーのパウンドは強烈、なんとか凌いで、スタンドに戻ってからのミルコのミドルが会場内響きわたるパシーン!音。それはそれは盛り上がって、2R。モーのタックルしっかり切るミルコが左フックや左ハイキック。モーが手詰まりになってまた行ったタックルをミルコが切りつつ左アッパー!効いたところ二発三発、、パウンドでレフェリーがストップ!
かなり厳しいと思われてたモーをまさかのKO。メインイベントでミルコがKO勝ちして会場が沸く。PRIDE全盛期に皆が何度も見て心躍らせていたあのシーンがここに復活。
最高の締めでした。