ついに世紀の一戦。

正直今のRIZINができる唯一のビッグカードって感じがしますが、ここに至るまでの物語が魔裟斗vsKIDのように爽やかで「日本を盛り上げよう」というテーマで、普通に考えたら踏み出すべきじゃない一歩を踏み出したようなワクワクするカード。

まずこの試合について考えることから楽しめました。5月の堀口のマイク「那須川くん、やろうよ」からお互い1試合挟んで、夏に発表されたRIZIN.13メインでの試合決定。

3年前にKRAZY BEEでマススパーしたことが1回あって、この時は堀口の速い飛び込みに天心が対応できなかったと、天心が堀口に対して「ヤバイ」って思ったということをよく覚えていて、その記憶からしっかり試合対策をしたそうです。対して堀口が所属するATTの厚い選手層とコーチ陣があれば、天心、キックボクサー対策は充分できているはず。

6オンスのボクシンググローブ、3分3Rの延長1Rあり、とルールも決定。キックとMMAそれぞれで最高のスピードと思える2人、さらに一撃で決まる可能性も感じる2人、それが共に日本人で全盛期。これ以上ないタイミングで試合が行われる・・・!

そう思って試合を待ってた矢先、9月18日の山本KIDの訃報。もしかして、このために大晦日じゃなく早めの9月にこの試合が決まったのかな?と。最強のキックボクサーと最強のMMAファイターが対決っていう元祖である魔裟斗vsKIDを思い出させるこの試合は、KIDの弟子でもあった堀口も是非したかった見せたかったものなんじゃないかと、想像ですけど。あと、あの試合に憧れて格闘技を始めた人が多いように、今後格闘技界に入る人を増やすという使命もあるので、見た人にわかりやすい凄さを期待。

このカードが浮かんだ頃からは予想できなかった、とんでもない濃いそれぞれの物語が重なったドリームカード、いよいよ当日。なんと台風がドンピシャで上陸して西日本から東日本全体が台風警戒で速い時間に電車もストップ予定となってしまい、別の興行やライブやイベントが次々中止に。ヤバイヤバイと言いながらRIZINが取った案は、、メインを早めました。電車がある時間に終わって帰れるようにということで、観客まで変な緊張感持った?試合がついに始まりました。

細かく見てみました。

RIZINキックボクシング特別ルール 3分3R 判定あり 延長1R
那須川天心 vs 堀口恭司

1R
いつもの広く低い構えで堀口、すぐセンターを取る。

天心がロープを背に。見合ったあと堀口が右ミドル、捌いた天心が左ミドル、腕に当たって大きな音。天心ジャブ、伸びるけどスウェイでかわす堀口。グローブでもちゃんと見えて対応!
堀口がパンチのフェイント、天心がキックのフェイント。天心インロー!続けて左ハイ!ガードした堀口が飛び込んで左フック!かわした天心ボディに膝!組んでブレイク。

天心左の前蹴り、捌く堀口。天心が堀口をジャブで下がらせて、左ハイ!ガード遅れた堀口が浅く受けるも前に出て左フックで軽く触る。天心ワンツー、堀口スウェイ。堀口が左フックで入る、天心が合わせて右フック、それをダッキングでかわして堀口が右フック、を天心がかわす!一回下がった堀口が次は右ストレート!天心にの頭が揺れる!近い距離で堀口の右と天心の左相打ち!さらに堀口が左ミドル、掴む天心。ブレイク。
息を飲むスピーディーな試合に場内歓声、笑顔の堀口。堀口大きくローキックも天心かわす。天心が左ロー、少し金的だったようで堀口アピールも笑顔でグローブタッチ。天心右ジャブ、堀口バックステップ。
堀口飛び込み左フック!天心にヒット!続けての右フックは肩のあたりにヒットするも天心バランス崩して大歓声。

堀口ワンツー、かわした天心が左ストレート!浅く入ったところに天心左ハイ!堀口かわす!天心の左ローを掴んだ堀口が右フックも天心捻って距離とってかわす。見合った所でゴング。場内大歓声、応えて笑顔の堀口。

インターバルのスローで天心の左ハイが堀口のガードの上から浅く入るシーン、そして堀口が左フックを天心に当てるシーンで大歓声。会場は堀口の予想以上の対応力に沸いてる様子。

2R
堀口の構えに対して天心が同じように伝統派空手の低い構えで見合う。そこから左ロー!に合わせたタイミングで堀口が飛び込み左ストレート!軽く当たるも次の右フックを天心かわす。

堀口左ローに天心左ミドル、お互いバックステップでかわす。堀口の右ローに天心すぐ左ロー!かわす!天心の左ローに合わせてまた堀口左ストレート!お互い手と足でフェイントかけて様子見てる所に一気に天心がマットに手付いての大きな左ハイ!当たるも位置が悪かったか堀口が足を掴んで仁王立ち。余裕を見せる。ブレイク。
堀口はいきなりの右ストレートから左フック!浅く受けた天心が下がった所にさらに右ストレート!それをかわした天心左ストレート!ダッキングでかわした堀口が左フック!バックステップした天心が左ミドル!ガードする堀口。次は堀口が角度の変わる右の縦蹴り!浅くヒット。天心が前に出てジャブ、そしていきなりの左ストレート!に堀口が左を合わせてから右フック!かわした天心の左ストレートを堀口ダッキングでかわす!そこを狙った天心の左ハイ!寸前でスウェーでかわす堀口。スリリングな攻防に大歓声と堀口笑顔。
見合ってステップ、堀口の左ストレートに天心が右フックをかぶせると堀口が組みつき、天心が左の膝をボディに!そのまま堀口バックを取るように動くともつれて転倒。再開、天心が左ミドル、ガードした堀口が次は右ミドル!天心が捌いて左のインロー!それが金的にヒット。中断。魔裟斗 vs KIDとかぶる金的での中断。
ダメージありそうなもののしばらく休んで再開。堀口ステップは速いまま、左フックに天心が右フックを合わせるもかわして右ミドル!さっきと同じように天心が捌いて左のインロー!また金的!中断。ダメージありそうな顔のまま気合い入れた堀口がレフェリーに続行宣言。
再開。天心の左ミドルを掴んだ堀口が軸足払って天心倒れる。天心が左フックから右フック、左ハイ!堀口ガードでしのぐもすぐ天心の右フック!かわす堀口が下がると天心ワンツー、かわして組む堀口に天心左の膝!当てさせず下がるも追ってくる天心に堀口がジャブとロー同時に出す、天心がジャブを右手で抑えて左ストレート!スレスレで避けて堀口の右フック!避けての左ハイ!堀口は横にステップでかわす。追う天心左の前蹴り!合わせて堀口左ジャブ。

残り10秒で堀口の右ストレート避けて天心が左ストレート、ダッキングから堀口の右フックでバランス崩して天心スリップ。見合った所でゴング。

インターバル、スローで流れる一進一退の攻防。スローでしかわからなかったこと多くて改めて速いなと。2R終盤のスローがすごすぎてため息が出ます。

3R
キックのフェイント、前蹴り、右ハイと天心。左ローからワンツー、かわした天心を堀口が右手で引っ掛けるように倒す。堀口遠い間合いから右のハイ!ガードしつつも顔面に受けてしまう天心、すぐ左ローを返す!

天心が左ハイもガードの上。ジャブ。堀口が右ストレートから右足で天心の足を引っ掛けつつ左フック。かわした天心、堀口が左フックから右ストレート、かわした天心左ミドル、堀口バックステップ。
堀口右ストレート当てると天心もすぐ左ストレートを当てる!堀口左フックも天心かわす。天心ジャブから左ミドル、堀口飛び膝!天心ガード。天心の左胴廻し回転蹴り!足で距離をとったものの堀口の側頭部にヒット!

下がる堀口!追う天心の左ストレート、堀口かわすも天心左ミドル、ヒット!堀口ワンツー、かわして天心が左ストレート!さらにボディに膝!受けた堀口がダブルレッグで倒す!ブレイク。
堀口すぐワンツー、かわす天心。出てくる堀口に合わせた天心の左ストレート!ロープを背負った堀口に天心さらに左ハイ!なんとかガード。明らかに効いてる堀口。天心ジャブ、堀口左右フックも遅い!天心左ミドル3発から左ボディフック!効いた堀口が下がる!天心ワンツーから左ミドル、ガードしつつも下がった堀口に天心左胴廻し回転蹴り!浅く入るも倒れた天心にもつれて倒れる堀口。
効いてる表情!再開すぐ天心が走り込んで左飛び前蹴り!横にかわした堀口の左フックがヒット、さらにワンツー、天心がかわして左ハイからバックブロー!ダッキングでかわす堀口!天心ワンツー、かわして組みつく堀口!ゴング!左腕を上げる天心!

判定3-0で那須川天心勝利。

試合の後日アップされたRIZIN CONFESSIONS #23では両者が振り返りながら話してます。お互いフェイントの掛け合い、駆け引きが多くて楽しんだようです。

倒し合うとこまでギリギリ行かんかったけど、お互いが得意の攻撃出し合い、避け合い、光らせ合った、本当に噛み合った試合でした。それぞれが今までのキャリアで積んできた技術やスピードや全ての力比べというか、「試合」まさに「試し合い」で、よく言う「死合」ではないのでこの結果の好み分かれるかも。ただ今のみんなで盛り上げて行こうっていう日本の格闘技界で世間にアピールするにはこういう試合が良かったと思います。

結果的に天心が無敗を守り、負けた堀口の評価がさらに上がった、お互いプラスのやって良かったドリームカードでした。