WWE EVOLUTION 2018
SUNDAY, OCT 28 | 7 PMET/4 PMPT
NYCB LIVE, HOME OF THE NASSAU VETERANS MEMORIAL COLISEUM
UNIONDALE, NY
WWE network
WWE.com

WWE史上初、女子選手だけでのPPV。
今年は初の女子ロイヤルランブルもあったり、来年レッスルマニアのメインは女子というプランがあったり進化が続いてます。

早速戻ってきました!
長年リングアナを務めてたリリアン・ガルシアのアナウンス。これは嬉しい。
そして最初の試合はレジェンド登場。

トリッシュ・ストラタス!
WWEを「ディーバ」から「選手」に進化させた最初はこの人では?

そしてリタ!
やっぱりかっこいいエクストリームな雰囲気。ハーディーズとの再会ってないんですかねえ。

対して入場はまずアレクサ・ブリス!
この日最初にマイクを持ったのはアレクサ。しかし怪我の噂もありました。試合には出ず、仲間のミッキー・ジェームスとアリシア・フォックスが入場。

女子の進化を始めた2人と、今の顔であるアレクサ組。どっちの時代も共存してるミッキーもすごい。

レジェンドがきっちり盛り上げて終わりました。

そしてバトルロイヤル、ここでも懐かしい顔がいっぱい。ロイヤルランブルを思い出します。
ミシェル・マクール!アンダーテイカーの奥さん。

メデューサ!自分の世代でもあまり知らないレジェンドですね。

ケリー・ケリー!ECWブランドの始まりで登場した人気選手。

マリア・ケネリス!キャリアも長く新日本プロレスにも来てました。

トリー・ウィルソン!一体何歳なのか。

人気が微妙ながら実力発揮して来たカーメラが踊る!

バトルロイヤル。
休養挟みつつ復活してきたナイア・ジャックスが優勝。途中でアスカとエンバー・ムーンの再会とか色々ありました。

そしていよいよメイ・ヤング・クラシック2018の決勝戦。紫雷イオ vs トニー・ストーム!
調べてたらスターダムで何回かやってたんですね。

速くて正確なトニー、そしてイオ得意の場外ムーンサルトも!盛り上がってます。

これはきつい!

ラストはイオのムーンサルトを剣山で受けたトニーの必殺。ちょっとすっぽ抜けた感あるけど。
NXT UKもあるしトニーの存在はこれから大きいでしょうね。

次はRAWタッグ、サーシャ・バンクス、ベイリー、ナタリア vs ライオット・スクワッド

ベイリーは変わらず、休んでたサーシャも調子戻ったようでいい感じの連携。

最後はなんとナタリアのシャープシューター、ベイリーのマッチョマンエルボードロップ、サーシャのフロッグスプラッシュ!というレジェンドフィニッシュの連続で決着。ベイリーのがサベージとは知りませんでしたけど。これも歴史を知って楽しめる部分ですね。

NXT女子王座戦、カイリ・セイン vs シェイナ・ベイズラー

カイリの場外ダイブはかなり綺麗!

客席にいたスター?の乱入もあってシェイナ勝利!カイリ無念の陥落。
NXT内でもまた王座戦線浮上は競争厳しそうですね。

さあ因縁続く2人の決着戦になるか。シャーロット!
ラスト・マン・スタンディングの女子版、ラスト・ウーマン・スタンディング!
女子初のヘル・イン・ア・セルもシャーロットでしたね。

ヒールターンしたのに声援が増えた、コツコツやってきた女子スターとしてファンの後押しを受ける、多分キャリア最高の状態に入ったベッキー・リンチ。

テーブルへのムーンサルトを繰り出したシャーロットですが、位置が悪く机割るほどのヒットがなく、すぐさままた登ってのローリングセントーンで見事クラッシュ!

ラダー絡めてのフィギィア8!

次はベッキーが飛びました。
この飛ぶ瞬間の覚悟決めたかのような一瞬の空気がいいですね。

やりきったシャーロット。

ラスト・ウーマンはベッキー!いよいよ女子エースとしての格が出てきました。

記念すべき初の女子PPVメインをこの人がシングルで登場するとは誰が予想したか。
ニッキー・ベラ!

デビュー半年で大事なPPVメインを任されたロンダ・ラウジー。UFCとは異質のでかいプレッシャーがありそう。

今のロンダの試合は、基本的に真面目なMMAスタイルで攻めるロンダに対して、相手はプロレスならではのトリッキーな技や反則、リングや物を使ったような戦法で翻弄するつくりになってるかと思うので、そういう意味では経験豊富なベラ姉妹は相手としてすごく良かったように思えてきました。

2人への肩車。ナイア・ジャックスみたいにでかくないままこれができるというのはいいですね。

最後はコーナーのニッキーへの雪崩式で入る腕十字。極め角度はこれからもこのままなんですかね・・・

この大事な試合を見事に盛り上げて終わらせたロンダ。

最後はこのPPVがいかに大事だったかがわかる、ベビーもヒールもストーリーも関係なく集まった女子選手たちとステファニー・マクマホンがメイン終わりのロンダを迎え入れての大団円。

何年か前のNXTから上がってきた選手とウーマンレボリューションの頃から、普通に女子だけのストーリーにも注目して見るようになってるし、さらにアスカやロンダの登場で面白くなってます。レッスルマニアでのメインを女子が務めるという噂もあるし、どこまで盛り上がって行くか楽しみ。