UFC Fight Night Dos Santos vs Tuivasa
Sun, Dec 2, 2018 Adelaide
UFC fight pass

今回のファイトナイトは日本人選手の試合も多く見所ありました。

ライト級
Mizuto Hirota
Christos Giagos

もう数少ないUFCに残る日本人、廣田瑞人。リーチ差もありなかなかパンチが当てづらいジアゴスは逆にテイクダウン狙いで、苦しい展開。
打ち込む場面に歓声上がるも、スタミナ切れてきたジアゴスを仕留めれず判定負け。残念。

ウェルター級
Keita Nakamura
Salim Touahri

中村K太郎も対策かなりされてたのか、テイクダウン奪えず判定で負け。連敗厳しい。

ウェルター級
Yushin Okami
Aleksei Kunchenko

岡見勇信、無敗のクンチェンコ相手にペースつかめず判定負け。ウェルターに落として体格的にアドバンテージありそうでしたけど厳しいですね。

ヘビー級
Mark Hunt
Justin Willis

マオリ族のハカってやつかな?あの入場。なかなか盛り上がってました。
試合はウィリスが体に似合わんアウトボクシング一辺倒でジャブジャブ、キック。ハントもスタミナの衰えが見えて追えず、判定で負けてしまいました。全く見たい試合にならんかったけど喜ぶウィリス。


UFCとの契約上これが最後の試合になるマーク・ハント。PRIDEからMMA始めてDREAM経てUFCに入るも一番期待されてなかったところから勝ち続けて、ヘビー級暫定王座戦もして、UFC200でのブロック・レスナー戦、さらに魅力ある試合を繰り返して「Walk off KO」と言うかっこいいワードも生み出しひとつの伝説になりました。K-1,PRIDE,DREAM,UFCと来たので次RIZINというのも充分ありそうです。
「またどこかで会おう」とUFC最後の挨拶。


試合後はUFCからハントを讃えるツイート。

セミファイナル ライトヘビー級
Shogun Rua
Tyson Pedro

タイソン・ペドロは戦績いいもののトップどころには勝てない感じ。
ショーグン、いつもの通り荒いところつかれピンチに。


しかし最後は思い切りのいい右を叩き込んで逆転KO。
ショーグンらしいけど心配になる試合ですね。

メインイベント ヘビー級
Junior Dos Santos
Tai Tuivasa

久しぶり?ドス・サントスに勢い十分タイ・ツイバサが襲いかかる。打たれ弱くなってから常に心配なJDS。でも徐々にツイバサみたいに若い世代がメインに出て来て入れ替わりあるのがUFCのいいところですね。
しかし試合ではJDSの正確な打撃が上回って効かせて最後はパウンドTKO。だんだんJDSが調子を取り戻して来たかも。