「BALLAD 名もなき恋のうた」を見ました

映画です。「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の実写版にあたるもの。公開されてすぐ作者が亡くなってしまいました。

TOHOシネマズなんばにて。

いやー、ごめんなさい。草なぎ剛さんをナメてました。「鬼の井尻」井尻又兵衛役すごかった。

簡単に言うと、よくある一番強くて頼りがいのある武将のリーダー各なんですが、ほんまにそう見えるんだもの。話し方(叫びとか)とか顔とか振る舞いがそれらしくて、画面に現れた時に頼もしい感覚になるのです。

 

現代の小学生と両親が戦国時代にタイムスリップして、自転車や携帯電話、車までが戦国時代に持ち込まれてその時代の人と絡むわけですが、案外そのマッチングもいい感じで。

 

おもしろかったし、普通に感動しました。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. こんばんは
    BALLAD、先日見に行ってきました
    笑うところあり、泣くところありでいい映画だったと思います
    草なぎくんもいい演技でした

  2. 藤尾 玲

    ばるさん

    コメントありがとうございますー
    よかったですよね~
    いい意味で「草なぎ剛」に見えなかったですもん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください