いちゃりばちょーでー沖縄日記 ~沖縄そば 家庭料理てぃだ~

国際通りを歩きながら、まずおいしい沖縄そばを食わねば!ということで、おいしそうな店を求めて歩きます。

飛行機内でおにぎりが売り切れ怒り狂っているKさんが先頭で進みます。
で、「うまそう!」という店がありました。
沖縄そば 家庭料理 てぃだ
IMG_0709
僕はとにかく早くあの沖縄そばを腹の中に入れたかったので、単品ソーキそばを注文。ここで、「沖縄そば」について調べてみた。

「沖縄そば」

沖縄そば(おきなわそば)は、沖縄料理の一つで、沖縄県の伝統的なである。単に「すば」、あるいは「うちなーすば」とも呼び、沖縄においては「すば」「そば」は通常は沖縄そばを指し、蕎麦は「日本そば」「ヤマトそば」「黒いおそば」などと呼んで区別する。

「そば」と呼ぶものの蕎麦粉は使用されず、小麦粉100%の麺でかんすい(鹹水)を用いる。製法的には中華麺の一種であり、公正競争規約の上でも「中華めん」に分類されているが、麺は一般に太めで、和風のだしを用いることもあって、その味や食感はラーメンよりむしろ肉うどんなどに類似する。(wikipedia)

中華麺、和風だし、というところが特徴。そして「ソーキそば」は・・・

「ソーキ」

ソーキとは、沖縄で一般的にのあばら肉(スペアリブ)のことをさす。

「ソーキ汁」として昆布大根冬瓜などと汁物にしたり、昆布、大根、豆腐などと一緒に「煮付け」として食される。 また、沖縄そばの具材としても用いられ、ソーキがのった沖縄そばを「ソーキそば」と呼ぶ。

「ソーキ」が乗ればソーキそば?いや、「沖縄そば」というメニューでもソーキらしきものは乗ってくる。そして「ソーキそば」ではもっと乗ってくる。

ということで、「チャーシューメン」と同じ考え方という結論になりました。「ラーメン」にもチャーシュー2,3枚乗ってるしねえと。
あと、これは予想やけど、ソーキの特徴的な柔らかい軟骨部分、あれが食べたいなら「ソーキそば」を頼んだ方が乗ってる確率高いかも?
つまり「沖縄そば」というメニューには「ソーキ」乗せるとは書いてないので、なくても文句言えない。なので僕は「ソーキそば」を注文。

えー、そして皆は・・・
怒っていたKさんは「ゴーヤーチャンプルー定食」を。
Mさんは「三枚肉丼定食」とかいう楽しそうなメニューを。
そしてOは、名前を忘れたけど変わった名前の「○○汁定食」というのを・・・

案外、有名じゃないこういう汁物こそが、「沖縄家庭料理」の真髄だったりするのかもしれない。そういう冒険心、探究心、好奇心を駆使して選抜しようと、そのメニューについて店のおばちゃんに尋ねてみました。
いったい、この謎の汁はどんな未知なる沖縄料理なのか。

「この○○汁ってなんですか?」
「豚汁です。」

えー

・・・

・・・

「じゃあ、それひとつ」

えええ!

ええんかい!

うん、まあ沖縄が誇る島豚の豚汁なら案外おいしいのかもしれない!
ということで、みんな食べ始めたのですが。
怒っていたKさんは「ゴーヤーチャンプルー定食」でご満悦。これぞ沖縄家庭料理!量も多くうまそうでした。
IMG_0711

Mさんの「三枚肉丼定食」はソーキ含めた豚肉がいろいろ乗った男子校横みたいな定食でした。かなりガツンとうまそうでした。
その間、普通っぽい豚汁の定食を食べるOからは、「うまい」という言葉が一度も聞こえませんでした。レンタカー交渉で手柄をあげたOはここで選択をあやまったのか?
IMG_0710

しかし、ここで乗ってきたKさんはビールを注文。運転代わる気さらさら無し。それに付き合いOもビール。そして明日の結婚式で必要なアロハシャツを買いに店を出ました。