Aさんが予約してくれた那覇の民宿に運転代行で向います。

ゲストハウスけらま
なんとひとり1000円!
今回、酔いつぶれたのはKさんとTさん。こっちは代行の人が運転する車で、僕とMさんとKさん。もう一台はAさん運転でTさんとO。
民宿と、T&Aが泊まるホテルは近いということで、民宿に着いてからOを迎えにいきました。歩いていけますの。

T&Aが泊まるホテル・・・豪華なな~~~
Tさんがすっかりベロベロなので、僕とOで部屋まで連れて行き・・・その介抱のための買い物をしにコンビニに行くというAさん。
しかし、那覇の夜は若い女性が一人で歩くには危険極まりない状況になっていました。大阪で言うなら、宗右衛門町+西成+アメ村といったところでしょうか。ニュースで見る成人式が可愛いものに見えます。
ヤクザ?ホスト?暴走族?正体不明の怪しいオッサン?
全部詰め合わせです。それも小さい範囲に集まってるので異様な光景。行ったコンビニなんて、虫のたかった生ゴミみたいです。
無事に買い物もしてホテルに帰って、挨拶をして民宿へ。道中、暴走族がワンワン走っています。やっぱり範囲が狭いからか、ずっと近くで音が聞こえていて滑稽です。短い距離を何周もしてるんやろか。

民宿ではMさんが待っていました。
車を停めた近くのパーキングに、怪しいオッサン数人がウロウロしながら見て来て、油断ならなかったので、Mさんがなんと一人で全員の荷物を民宿まで運んでくれていました。確かにそんなオッサンいっぱいいそう、ここ。

カプセルホテルに近い寝床にもぐりこんで寝ましたが、レンタカーの無事と、朝起きれるかどうかの不安でなかなか寝付けませんでした。