上を目指して 笑穴亭

土曜の昼、TSUTAYAで映画のチケットを買って出てくると、「お笑いライブやりま~す!いかがですか~!」

って声が聞こえてきたので見ると、見たことのない若手芸人ぽい人たちがお笑いライブの案内をしてた。

 

「この後12時から30分でーす!」

 

30分・・・そしてこんなとこで、あんな安っぽい紙看板で呼びこみ・・・アマチュアかな?

アマチュアやデビューしたての若手芸人さんの舞台は情熱の充電に最適!

 

ということで、声をかけて案内してもらいました。

 

笑穴亭

こういうところみたい

 

TSUTAYAの前に二人いて、そのうちの一人に聞いてるときに、また別の人が来て、傘を貸してくれました。

 

「じゃ、ここから会場まで5分ぐらいですんで案内します・・・」

「いや、3分ぐらいです!」

 

なにその微妙な訂正。5分やったら難色示すと思われたのか?

 

とりあえず一人の人に案内されてついていきました。

 

歩きながら、いろいろライブのことを聞きます。

  • 約30分
  • 10~15組ぐらいが出る
  • 1組持ち時間が2分
  • M-1の一回戦やほかの賞レースに合わせたので、2分
  • baseよしもとのオーディションとかに出たりしている、基本的にアマチュアの人たち

やっぱりまだまだショートスタイルのネタが主流みたい。

 

で、着いたのは行ったことのある焼肉五苑 西心斎橋店の上でした。結局5分以上かかりました。当日入場料は500円。前売りでは300円らしい。

 

この日この回は、20~30人が入れる会場で、15人ぐらいかな?なかなか寂しい客入りでしたが、この日は約30分の公演を19:30の回まで6回やるということで。夕方や晩はもうちょい入るのかもしれない。

 

申し訳ないけど、ほとんど名前を覚えてないです。MCで出てきた手品の梅田ルイスさん?ぐらい。あ、あと案内してくれた人が「でやねんでやねん」?やっけ?トップで出ました。

 

ネタのほうも、なんというか余裕があるわけじゃない、これから売れたい!という人達ということもあって、しっかりネタ作られてるなあーという印象でした。全員じゃないけど、手抜きがないというか。

 

楽しませてもらったし、こういう舞台を見ると

「なにやってんねん、もっとこの人らみたいに頑張らな」

という気分が増します。情熱充電です。

 

高校の時、baseよしもとのオーディション「baseプレステージ」を見に行ってた時に、まさに結成したての麒麟、キングコング、レギュラー、あのへんを見て覚えていて、ブレイクした時にびっくりしたことがあります。

 

この笑穴亭からもそういう人が出るのかしら?

 

でも名前覚えてないなあ~・・・・