新王者ペトロシアン 圧倒的優勝

K-1 MAXについて。

大方の予想と期待に応えて優勝したペトロシアン。

ほんで即挑戦表明した魔裟斗。

なんやかんやで今年は魔裟斗中心にドラマが多い。

 

○ジョルジオ・ペトロシアン vs 山本優弥×

すごい左フックでした。なんなの?あの、アゴの先端にだけ当てる正確さは。あれもらったらシュルトでも倒れるよ~・・・

クラウスの攻撃をかわし続けたディフェンスに加えてこのパンチって・・・ヤバイなあーと思った試合でした。

 

○アンディ・サワー vs ブアカーオ・ポー・プラムック×

やっぱりこの二人の試合でハズレ無しというか、ハズレる要素がない。アーツ vs ホーストみたいな。そのぶんほんまに接戦で、めっちゃめちゃ微妙な差で決まったんやろうなあー

ブアカーオの首相撲と体捌きのうまさが目立った。

 

○佐藤嘉洋 vs 城戸康裕×

おもしろかった。城戸もうまくハイキック当ててたけど、ちょっと浅かったのかな。佐藤のパンチの迫力がすごかった。そしてダウン取り返した城戸もすごい。ただ、ブアカーオを倒してる佐藤がここでダウン取られてはいかんという気もする・・・

 

○アルバート・クラウス vs 武田幸三×

角田さんは、誰のためにそのおかしなレフェリングをしてるんやろ?ダウンをスリップって言うことで、見てる側は盛り上がるどころか違和感感じて盛り下がるし、なにより武田の体に負担がかかりまくる。島田裕二と角田さんはちょっと試合に水差し過ぎで、ほんまにヤバイような気がする。

でも武田の、「生きて家族の元に帰ることができます」には泣かされた。

 

○ジョルジオ・ペトロシアン vs アンディ・サワー×

流血しまくりのサワー。涼しい顔のペトロシアン。最後までピンチ見せずに、焦るサワーから逆にダウンも取った。戦い方は違うけど、感覚としてはシュルトが初めて王者になったときのような・・・「これ、誰が倒せますのん?」っていうやつ。

 

この日見た感じでは、ペトロシアンとブアカーオのバリバリの技術戦が見たいけど、ここはやっぱりこの人が登場。

 

「大晦日空いてるかな?」

 

そうそう、この人はこうでないと!

もちろん負けたままのサワー戦も見たかったけど、常に上に挑戦する姿に魅せられてきたわけで・・・

 

「今、魔裟斗選手とアポイントを取りました」

 

大晦日 Dynamite!で魔裟斗引退試合

魔裟斗 vs ジョルジオ・ペトロシアン

ほぼ決定!

 

これまでのK-1 MAXを背負ってきた魔裟斗と、これからのK-1 MAXを背負うペトロシアンの、最初で最後の世代交代戦。

 

圧倒的不利の声をひっくり返して来た、ムラッド・サリ戦、クラウス戦、ブアカーオ戦。本気で挑戦っていう姿勢になった時の魔裟斗はめちゃくちゃ強い。

 

ペトロシアンが手の甲骨折らしいけど、なんとか治して出てほしい~~

大晦日はこの試合だけでももう楽しみになってきた。