遂に決戦、八重樫東 vs ローマン・ゴンサレス。

注目の一戦ということもあって、スポーツ系のサイトでは普段よりこの試合に関する記事も多く、前日計量の時点でもうかなり楽しみになってました。

そこまで詳しくはないけど、軽量級最強と前から言われ名前を見てきてた”ロマゴン”の挑戦を受けた八重樫。そういう下馬評で圧倒的不利、リスクある試合をやろうって人はやっぱりかっこいい。

世界にこだわった辰吉、統一戦を選んだ長谷川、伝説に挑んだ西岡、みんな最高のシーンを残してくれました。
そういう空気ビンビンの緊張感溢れる一瞬の連続。結果実力差が見えたのかもしれんけど、最後まで倒しに行ってた姿は目に焼き付きました。