キングオブコント2015を見ました。

今年は準決勝芸人審査がなくなって、さまぁ〜ず、バナナマン、松本人志の5人が審査。最初のネタ上位だけが決勝2本目という形に。
紹介ではラララライ以来の登場と言われてた藤崎マーケット。逆にいまだにラララライのイメージ持ってる人おるん?ってのがたぶん大阪の感想。安定間違いないネタで一発目に登場。おもしろいけど確かに審査難しい、そうそうキングオブコントの難しさを最初にいきなり感じました。ジャングルポケットが、さらば青春の光が控えた状態で浮気ネタ。そのさらばは森田さんが完全ボケになった芸術家ネタ。コロコロチキチキペッパーズは天使のネタでかなりのウケ。そこからコレっていう大きなウケがなく進み決勝。
自分が応援するさらばは最低点になり、期待のアキナはいまいち、あとはもう決勝は藤崎マーケットぐらいしか好きなコンビいないという状態。結果、コロチキが見たことある卓球ネタで優勝。まさかまさかでした。
コロチキは嫌いではないし、あのナダルリバースを全国で見れるかと思うと楽しみですが、不安。こういう賞レースで優勝した人の後の活躍ってのがすごい大事で、その賞レース自体の重みや価値を高める意味でもがんばってもらいたい。
でも・・・
今年一番笑ったコントは、天竺鼠の「BAR」です。