昔からよく言う関東と関西のすき焼きの違いの話で盛り上がってた所、関西風のすき焼きを食べたことないと言う奴がいたので、改めてきっちりすき焼きパーティー。

仲良い店からいい牛肉を仕入れ、仲良い焼肉屋から良い牛脂を仕入れ、ホットプレートですき焼き。

スキヤキダイカイ

Ryo Fujioさん(@gyokurin)がシェアした投稿 –

私に任せろと言う人がいたので全面的に任せて味付けは砂糖、醤油、みりんだけ。脂の乗ったいい肉を最初に牛脂の油だけで焼いて、砂糖と醤油をかけ一番のご馳走肉を生卵にからめて一口。
この最初の一口がすき焼きと言うのかわからないけれど、関西風で言う一番美味しい一口。これぞすき焼きと言う一口。幸せを感じる最初の一口。

そこからは白ねぎ、白菜、春菊、豆腐、麩、椎茸などいろいろ入れて、肉はあっさりしたモモ肉を入れて鍋としてのすき焼きを堪能。砂糖と醤油だけでつけた味が野菜から出た水や肉からの味、いろいろなものが混ざっていつの間にかおいしい鍋のスープになっている。これが関西風。

肉が多すぎて、締めのうどんは食べれませんでした。
その後はファミコンクラシックミニでアイスクライマーやドクターマリオ、くにおくんやほか聞いたことのないゲームで盛り上がりました。

アイスクライマー

Ryo Fujioさん(@gyokurin)がシェアした投稿 –