興味なくてビッグダディの番組?見てなかったけど、娘である林下詩美はプロレスラーとしてすごいのです。

PWIで日本人選手が高評価

有名なアメリカの専門誌「Pro Wrestling Illustrated」が決めるプロレスラーの評価ランキング女子部門が発表。

PWI Women’s 100
1. ベイリー (WWE)
2. ベッキー・リンチ (WWE)
3. アスカ (WWE)
4. シャーロット・フレアー (WWE)
5. サーシャ・バンクス (WWE)
6. 志田光 (AEW)
7. テッサ・ブランチャード (フリー)
8. 里歩 (AEW)
9. 紫雷イオ (WWE)
10. 岩谷麻優 (STARDOM)

今年はベッキー・リンチが妊娠で離脱、シャーロット・フレアーが手術で離脱と、1位のベイリーがタイミングに恵まれたところはあるので、抗争相手にもなるアスカとサーシャ・バンクスと合わせての高い評価になってる気がします。アスカは完全に試合内容が1位と思う。
AEWで王座を獲った志田光と里歩、NXTチャンピオン紫雷イオの3人は長くいろんな選手と試合して長い期間それぞれの団体を盛り上げたので納得。テッサ・ブランチャード知らんかったけどインパクトの選手なんですね。
そしてWWEとAEWってアメリカの超大手団体が占める中、日本を主戦場にしながら10位に入ってるスターダムの岩谷麻優はすごい。
他にも、来年普通にトップの方に入ってる可能性ある選手が100位以内にゴロゴロいました。林下詩美は65位。めちゃすごい人やと思うので期待してます。ちなみに木村花は今年載ってないけど昨年60位。

G1 CLIMAX 30 両国国技館

いやいや驚きました。楽しみだったオカダ・カズチカ vs ウィル・オスプレイ、予想通りいい試合が続いていた所になんとオスプレイの彼女でもあるスターダムのビー・プレストリーがリングサイドに来てレフェリーを邪魔。え?え?と思っている所に見慣れないスーツの日本人がオカダにアイアンクロースラム!岡だ!あの岡だ!イギリス遠征行ってたグレート・オーカーンだ!
グレート-O-カーンって書くのか。ややこしいな。
さらにオスプレイがオカダにヒドゥンブレイドで決別宣言。オカダが嬉しそうにCHAOSの新勢力としてオスプレイを紹介してた日が懐かしい。このチームは独立してやっていくのか、どこかと合流するのか。イギリスと考えるとザック・セイバーJr.がいる鈴木軍も考えられますが、どうか。
メインでジェイ・ホワイトを怒涛の攻撃で下した石井智宏のおかげで、飯伏幸太が優勝決定戦に進出決定。あんまり好きではないんですが・・・まあ明日はSANADAに期待。

ハム・ソヒがRIZINタイトル返上

これは残念。継続参戦に合意できなかったという発表。待遇かファイトマネーか何かわかりませんが、大晦日にRENA戦とか考えられてただろうに。誰かと誰かで決定戦でしょうか。浜崎朱加、RENA、山本美憂、浅倉カンナでトーナメントとか。