K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~
2018年03月21日(水) さいたまスーパーアリーナ
公式サイト
公式YouTubeリスト

新生K-1の初さいたまスーパーアリーナ、かなり前から盛り上げて来たビッグマッチですが、ちょっと微妙に日本人優先のタイトルマッチ、謎のスーパーカード、そしてまさかの大雅欠場からタイトル剥奪&K-1離脱騒動でメイン消滅。その王座を賭けたワンデイトーナメントに代わるというなかなかヒヤヒヤのまま迎えました。

キックファンには結構怒られがちなK-1は今回も暗雲・・と思いつつ開始。
AbemaTV「格闘代理戦争」で優勝した松村英明はプロのローキックの洗礼を浴びてKO負け。ドキュメンタリーで見て強いなーと思ってた選手が負けるのを見ると余計に高いステージなんやとよくわかります。

そして第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント。1回戦で新たなタイ人スアレックを左ハイキック一撃でKOした小宮山工介。すごい。

前にタイトル取った時の試合が硬すぎてまだチャンピオン感が全くない野杁正明がスーパー・ライト級の防衛戦。前のK-1からものすごい一撃KOのパンチで魅力的な大和哲也が順調にここで挑戦。勝つと思ってたんですが・・・激しい攻撃で野扖が圧倒!KO!これは文句ない。

ぜひ勝って欲しかった日菜太はスーパー・ウェルター級タイトルマッチでチンギス・アラゾフにKO負け。あんなにもあっさり合わされてのKOは厳しい。残念。

タイトルマッチよりあとなのがなぜかはわからんが、平本蓮 vs ゲーオ・ウィラサクレック。伸び代たっぷりありそうな平本のトップとの試合は楽しみになります。ゲーオにどこまでやれるか?という見方で見てたはずが・・・


パンチの打ち合い!ゲーオが完全ダメージあるダウン!追い打ちでKO!
試合前コメントで平本はパンチだけ警戒すれば大丈夫みたいなこと言うてたゲーオですが、打ち合いに応えて玉砕。最強イメージが少し崩れ始めですかね。

タイトル戴冠のトーナメントから初防衛戦と、神がかった動きで勝ち続けて来たウェイ・ルイが体重超過で王座剥奪。グローブハンデと減点スタートで試合決行。しかし卜部功也になんと一撃の左でKO負け!わからんもんですねえ。

相変わらず抜き出た強さのスーパー・バンタム級王者武居由樹はおなじみ上段中段下段の見事な打ち分けで何もさせずKO。

トーナメント決勝に上がって来たのは武尊と小宮山。危なげなく慎重に勝ってきた2人。
しかし武尊が小宮山のキックを捌き徐々に中心を取って追い込み続けてボディを効かせてダウン!


前から空手系対策しっかりしてたのかな?と思えるぐらい。見事KOで3階級めの王者になりました。

今回の大雅とそのジムとK-1とのゴタゴタの原因は、年末のRIZINに大雅が那須川天心の相手として出ようとしたことらしく、ここで優勝した武尊へ何かしら天心への動きを期待するのは当たり前でした。


前にも似たようなコメントあったかもしれませんが、だんだん実現に近づいてるのかな?


前に魔裟斗が解説で「こうなったら那須川天心と見たいですね」って言ったのが他のメンバー黙って流され、公式動画からもそこカットされるということがありました。今回は言わんかったけど我慢してたんでしょう。


できるだけ2年以内によろしくお願いします。