HEIWA Presents G1 CLIMAX 29
2019年7月15日(月) 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
新日本プロレスワールド
東京から次の日北海道ってなかなか大変ですよね。

第1試合 20分1本勝負
飯伏 幸太 & 獣神サンダー・ライガー vs 海野 翔太 & 辻 陽太

多分カード代わりましたね?オスプレイと飯伏の前哨戦と思ってたんですが。調べたらオスプレイが首の不詳とのこと。今後の公式戦はどうなるか・・?海野はだんだん良くなってきてて辻も体でかくなってきてて期待の2人。海野はモクスリーと組んでることがどう影響してくるのか。飯伏の足の具合は?
辻のスピアーに湧きました。パワースラムもよかった。ライガーがトペコンヒーロ!そしてなんと飯伏が辻をハーフボストンクラブで仕留めました。ライガーとのタッグの終わりに笑顔で握手。
そしてライガーがマイク!北海道での試合がこれで最後のいうことで挨拶でした。

第2試合 20分1本勝負
本間 朋晃 & トーア・ヘナーレ & 成田 蓮 vs “キング・オブ・ダークネス”EVIL & SANADA & BUSHI

この試合は完全にLIJ内対決である次の後楽園ホールでのEVILとSANADAの公式戦の前哨タッグといったところ。強く意識するのはEVIL、居づらい雰囲気のBUSHI。
成田が勢い良く出て、EVILが本隊に捕まり次はSANADAが捕まり、という感じでLIJの連携はなかなか出せず。成田が持ち方が違うテキサスクローバーやったと思ったら成田スペシャルっていうらしいですね。しかしLIJに捕まり連携で攻められMXに沈みました。
そして勝利のLIJは・・睨み合いながらリングに上がった2人。BUSHIが先に降りる!睨み合ったまま何もせずに振り返って帰ろうとしたSANADAにEVILが後ろから掴んでEVIL!かわしたSANADAがスカルエンド!外してまた睨み合う2人。ここで収まりましたが、後楽園が楽しみ。

第3試合 20分1本勝負
棚橋 弘至 & KENTA & クラーク・コナーズ & カール・フレドリックス vs ザック・セイバーJr. & ランス・アーチャー & 鈴木 みのる & 金丸 義信

さあ鈴木軍が入ってきました。次回はKENTAとアーチャー、棚橋とザックが対戦。LA道場の2人もいいとこ見せれるかどうか。・・・というのがG1的なこの試合の見るべきところなんですが、KENTAと金丸の再会でもあるんですね。
試合は鈴木軍の奇襲からスタート。KENTAとアーチャーが何発かやり合った後にタッチを求める棚橋を無視してKENTAがフレドリックスにタッチ。まだ次があるのか?フレドリックスと鈴木。解説の金沢さんが「昭和野毛道場からLA道場に一撃!」さらに場外でフレドリックスをボコボコにする鈴木。なんとか戻ったフレドリックスのタッチを取り合う棚橋とKENTA。棚橋が勝ってリングインでザックと。前哨戦らしく関節技の攻防、コナーズと金丸に代わりLA道場連携。アーチャーがKENTAをEBDクローに捕らえ、ザックが棚橋にドラゴンスクリューから足関節。金丸がコナーズを仕留めました。KENTAと金丸の絡みが一切なかった!

第4試合 20分1本勝負
オカダ・カズチカ & YOSHI-HASHI vs バッドラック・ファレ & チェーズ・オーエンズ

さあ、オカダとファレ何回やったでしょうね。ヨシハシが肩のテーピングどんどん範囲広がってるように見えるんですが大丈夫かな。
オカダがファレをボディスラム、チェーズもヨシハシもいい動き。オカダのドロップキックでよろけたファレにヨシハシがラリアットでもろとも場外落とし、大歓声。最後はチェーズにオカダがポーズからすぐレインメーカーで決めました。

第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
矢野 通 vs 鷹木 信悟

いつの間にか北海道登別の観光大使になってたんですね矢野通。大歓声。前の内藤戦でTシャツによって丸め込み成立したので鷹木が脱ぐよう要求。脱ぎ出すところ攻撃!すると矢野が場外に鷹木をおびき寄せてリングアウト勝ち作戦にいくもギリギリ戻り。なかなか楽しい。
そしてレフェリー誤爆から矢野がイスを鷹木に持たせ反則訴え、BUSHIがレフェリーに抗議したところ鷹木が逆にイス攻撃からラリアットで矢野からカウント3!G1初白星を取りました。

第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
ジュース・ロビンソン vs 後藤 洋央紀

この夏良くなってきた同士の対決。ジュースは完全に日本のプロレスラーになりましたね。早めからガツガツの展開。頭突き、牛殺し、キック、後藤の一発一発が重い!余裕も見える後藤が裏GTRを狙ったところでジュースがジャックハマー!そしてナックルを打ったところ後藤が頭突きで合わせる!そして後藤がナックル、ジュースが頭突きで合わせる!さらにジュースが頭突き!その勢いで一気にパルプフリクションでまさかのジュース勝利!

第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
ジェフ・コブ vs ジョン・モクスリー

北海道にモクスリー登場!なんと2階席から長く歩いて入場!ジェフ・コブはシルエットがライノですね。これはアメリカ的にはAEW vs ROH!
試合はレスリングで始まりモクスリーがシングルレッグにいったりアームロックをとったり、新日であまり見せれてなかった部分を見せていく。ジェフ・コブもフロントスープレックスで沸かせる。モクスリーは腕狙いでアームブリーカーを色々。モクスリーのトペから花道での攻防。モクスリーがエルボーアタックでフォールにいくも下のジェフ・コブが上になってそのまま持ち上げ、さらにラリアットをかわしてジャーマン!その場跳びムーンサルト!ジェフ・コブもかなり日本に合ってますね。モクスリーがランニングの膝蹴り!最後はランディ・オートンみたいにジェフ・コブの足をセカンドロープに乗せたDDT、と思いきやデスライダーだったんですね。カウント3入りました。G1でのモクスリー爆発は誰との試合になるでしょうか。次は後楽園のメインで石井!やばい。

第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
石井 智宏 vs ジェイ・ホワイト

もう忘れかけてましたが1年前はジェイがCHAOSで石井と一緒だったんですね。石井が出てくるのをさばき外道も使ってうまく立ち回るジェイ。場外鉄柱ダメージからジェイが攻勢で進む。しかし打撃戦は石井。チョップというか前腕を喉元にぶつける強烈なやつを何発も。続けて石井がいくもうまく切り返してDDTからまたジェイが捻りブレーンバスターと追い込み。追い込みすぎてまた無敵状態の石井が出てきました。エルボーに逆に向かっていく石井!バックドロップも効かない!石井がセカンドロープからの雪崩式ブレーンバスター。すごいのが石井も結構ジャンプしてるんですよね。ジェイのハーフネルソンスープレックスが高角度に刺さりやばいと思ったのも束の間、石井がジャーマン!石井がラリアットからパワーボム!外道の介入がありつつも良く見た石井がブレードランナーをしのいで逆にブレードランナー!ラリアットから垂直ブレーンバスター!また石井がトップ食い。いい勢いで後楽園メインへ!

第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
内藤 哲也 vs タイチ

ゆっくり入場の2人。タイチはカバンに入れたアイアンフィンガーを気にしながら。
内藤がいきなりのスモールパッケージからペースを握って、挑発の余裕見せながら攻勢。しかし場外でタイチがイスで反撃。荒れた展開からリングで打撃戦。キックが強い!内藤もジャンピングキック!ネックブリーカー2種類で首攻め。走ってきた内藤をコーナーに受け流して後頭部に延髄斬り、いい!さらに強烈なバックドロップ!そしてついにアイアンフィンガーを手に取って花道に向かって「来いよ!来いよ!」というとレフェリーがそっちへ。その隙に自分でアイアンフィンガーを手にはめて内藤へ!と思ったら内藤が低空ドロップキックから一気に畳み掛け。デスティーノをギリギリしのいだタイチがパワーボム、内藤がフランケンで返し・・耐えたタイチがそのまま急角度でパワーボム!川田が三沢にやった奴ですね。内藤が急所蹴りからコリエンド式デスティーノ!正調デスティーノを耐えたタイチがナイトメフィスト!内藤のフライングエルボー誤爆から、タイチがまたアイアンフィンガーフロムヘルもまたかわされる!なかなか起きないレフェリーに焦る内藤がまたデスティーノ失敗、そしてついにアイアンフィンガーフロムヘルが炸裂!タイチがラストライド!カウント3!ジェイに続き内藤も2連敗となりました。