HEIWA Presents G1 CLIMAX 29
2019年7月28日(日) 愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)
新日本プロレスワールド

ヤングライオン2人のシングルマッチから始まりました。久々な感じ。

第2試合 20分1本勝負
飯伏 幸太 & 本間 朋晃 & トーア・ヘナーレ vs バッドラック・ファレ & 高橋 裕二郎 & チェーズ・オーエンズ

ファレと飯伏の前哨戦。昨日の結果からヘナーレがチェーズを意識する様子。
チェーズと裕二郎に翻弄されるヘナーレが飯伏にタッチ、チェーズを蹴散らし圧倒。コーナーに上がった飯伏をチェーズがキックから投げる。裕二郎に代わると本間。ヘナーレとのダブルこけしを決めるも、チェーズと裕二郎の連携にやられピンぷジュースで敗北。

第3試合 20分1本勝負
オカダ・カズチカ & ウィル・オスプレイ & YOSHI-HASHI & 海野 翔太 vs ランス・アーチャー & ザック・セイバーJr. & 鈴木 みのる & 金丸 義信

オカダとアーチャー、オスプレイとザックの前哨戦。入場からオカダについて回るアーチャー。
試合はオスプレイとザックでスタート。これも楽しみですね。腕の取り合いどちらもスピーディー。走っての攻防や首の取り合い全てが他の選手の1.5倍の速さ。鈴木とヨシハシに代わって鈴木が足狙い。場外で鉄柵とイスまみれにする鈴木。本間と裕二郎、ヘナーレやチェーズ、公式戦に出てない選手同士の争いは今後どう関わって来るのか?
リングでも鈴木がヨシハシを攻める。そしてアーチャーとオカダが入り、バックエルボーを受け止めたアーチャーがフルネルソンボム!コーナーに上げてブラックアウト、降りたオカダがドロップキック。海野が気合い十分で入ってヨシハシとオスプレイと連携で金丸を圧倒。しかし鈴木に捕まり金丸のディープインパクトでカウント3!ヤングライオンでは一番上に来てるといえる海野でもまだこの壁は高いんですね。

第4試合 20分1本勝負
棚橋 弘至 & KENTA & カール・フレドリックス“ vs キング・オブ・ダークネス”EVIL & SANADA & BUSHI

棚橋とEVIL、KENTAとSANADAの前哨戦。棚橋EVILのなんか髪つかみ合いで始まりました。SANADAが昨日のようにまた棚橋にパラダイスロック。BUSHIがミサイルキックからTシャツ絞め。一方的にやられた棚橋がEVILにツイストアンドシャウトで反撃、KENTAに代わってSANADAとエルボー打ち合い、蹴り合い。フレドリックスがBUSHIにチョップを叩き込んで綺麗なドロップキックも披露。ハーフボストンクラブを決めるもEVILがカット、耐えて離さないフレドリックス。ロープに逃げたBUSHIがLIJでの連携からフレドリックスにMXでフィニッシュ。

第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
後藤 洋央紀 vs 矢野 通

CHAOS対決は矢野による矢野コール煽りから、同じように煽る後藤へTシャツかぶせスクールボーイ!2回返すもむき出しコーナーをくらい、またスクールボーイ、急所蹴りの足を受け止めて足を組んで丸め込む「後藤式」でカウント3!

第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
ジュース・ロビンソン vs 石井 智宏

いきなりのタックル合戦。そしてチョップ打ち合い。ジュースが強いのを当てていく!石井が逆にコーナーで喉へのチョップ!ヘッドバットからジュースがスパインバスター!パンチとエルボーの打ち合い!ジュースの雪崩式フランケンを耐えた石井がダイビングニーアタック、バックドロップ。さらにコーナーでエルボーとチョップ連打。ジュースがラリアットからコーナーへキャノンボール。打ち合いから石井のパワースラム、ジュースのキック、石井がジャーマン!またエルボーの打ち合いからジュースがストマックバスター!ジュースが大きなパワーボム!そしてパルプフリクションを投げ捨てた石井がラリアット!ヘッドバットやり合い、ジュースがジャックハマー!さらにパンチからパルプフィリクション狙うと腕を組み替えて石井がタイガースープレックス!さらにスライディングラリアット、垂直落下式ブレーンバスターで石井が勝利!

第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
ジェフ・コブ vs タイチ

昨日に続き握手でフレンドシップアピールするタイチが後ろから襲ってスタート。場外でジェフ・コブがチョップ、鉄柵。反則で応戦するタイチ、ラリアットや投げで叩き潰すジェフ・コブ。タイチがジャンピングハイキック!ジェフ・コブがサイドスープレックス、ドリルアホールパイルドライバー!さらにスーパーキックからラリアット、その場ムーンサルト、ツアー・ジ・オブ・アイランドでカウント3!

第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
鷹木 信悟 vs ジェイ・ホワイト

真っ向勝負の鷹木をすかすジェイ。鷹木のタックル、ラリアットで場外へ。外道の邪魔もあってジェイが反撃でDDT。エプロン鉄柵往復で鷹木の背中をぶつけていく。リングでチョップ打ち合い、鷹木が強烈!すぐ髪を掴んで倒しペースを戻すジェイ。コーナーへのブレーンバスター、低空のバックドロップ、コンプリートショット、裏投げ!改めて、技増えましたね。鷹木が頭突き、ラリアットで反撃。エルボー打ち合いでジェイがダウン。鷹木がジャーマンから一気に攻めてコーナーパワーボム、パンピングボンバー!外道の介入もはねのけてメイド・イン・ジャパン!ジェイがスリーパースープレックスからブレーンバスター、ブレードランナーでフィニッシュ!

第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
内藤 哲也 vs ジョン・モクスリー

ついに来ました。観客席からIWGP US王者モクスリーが入場!花道からはIWGP IC王者内藤が入場!昨日のようにゆっくりニヤニヤ歩く内藤、観客も内藤コール!


カメラに向かって怒りをあらわにするモクスリー。リングアナのコールでポーズをとる内藤を目の前で威嚇するモクスリー。またゆっくり服を脱ぎ出す内藤。イラつくモクスリー。最後のズボンを脱いでモクスリーに投げつけ殴り合いで試合開始。
場外に出されたモクスリー、飛ぶフェイントで寝転がってポーズをとる内藤!WWEスーパースターを翻弄する内藤!


場外でなかなかリングに上がらない内藤を見て逆にモクスリーがリングに寝転がって挑発。そして内藤が殴りかかって一気に場外大乱闘!会場を広く歩きながらモクスリーがチョップ、鉄柵をぶつけて攻撃。倒れた内藤の目の前に寝転がって内藤ポーズ!さらにリングに上がってさっきやられた飛ぶフェイントから寝転がりポーズ!楽しんでる!


そしてリングに上がった内藤にキック!昨日よりハードな気がする!ブレーンバスターからチキンウィングアームロック、腕十字。WWEでは絶対見せなかった技がどんどん。コーナーでのチョップに内藤がツバ吐き、モクスリーもツバ吐き!ロープリバウンドの内藤のフライングエルボーも受け止めてボトム!研究バッチリ!そして場外でパイプイス2脚用意で内藤の足に固定して、イスを振り下ろそうとするとレッドシューズ海野レフェリーが奪い取る!そして内藤の反撃!イスへのDDT、座らせてロングランドロップキック!


リングでミサイルキック、コーナー足払いドロップキック、ネックブリーカーと畳み掛け。モクスリーがコーナーに投げ捨てて、雪崩式でダブルアームスープレックス!膝蹴りかわした内藤がスイングDDT!エルボー打ち合いから内藤がフライングエルボー!雪崩式フランケン!そしてコリエンド式を狙った内藤にモクスリーがラリアット!さらにヘッドロックに捕らえてそのまま前に!なんと、元祖ダーティディーズ!!見たかった!さらにニーパッド下ろしての膝蹴り!


立ち上がって客席にフィニッシュをアピールするモクスリー。デスライダーを耐えた内藤が噛みつき、延髄斬り、そしてコリエンド式デスティーノ!さらに正調デスティーノをしのいだモクスリーがダブルアームDDT!そして持ち上げてデスライダー!モクスリーがまさかの内藤からカウント3!5連勝!