HEIWA Presents G1 CLIMAX 29
2019年8月8日(木) 神奈川・横浜文化体育館
新日本プロレスワールド

第1試合 15分1本勝負
海野 翔太 & 成田 蓮 vs 海野 翔太 & 上村 優也

第2試合 20分1本勝負
SANADA & “キング・オブ・ダークネス”EVIL“ & BUSHI vs バッドラック・ファレ & チェーズ・オーエンズ & 高橋 裕二郎

最終のファレとSANADAの前哨戦でファレが速攻襲撃。
チェーズがパラダイスロックを狙うもわからず解説のミラノに聞いて再度チャレンジもわからず断念。裕二郎がEVILにスライディングのキック、BUSHiがチェーズにミサイルキック。チェーズをLIJ連携で翻弄。裕二郎がBUSHIにフィッシャーマンバスターからチェーズがパッケージドライバーでフィニッシュ。

第3試合 20分1本勝負
KENTA & クラーク・コナーズ & カール・フレドリックス vs ザック・セイバーJr. & ランス・アーチャー & 鈴木 みのる

さあKENTAとザックがNOAH以来の再会。早速場外で乱闘。リングではアーチャーがフレドリックスを圧倒。客席では鈴木がコナーズを鉄柵でボコボコに。リングで鈴木がフレドリックスと笑いながら打ち合い。そしてKENTAとザック、打撃戦に乗るザック、腕の取り合いに乗るKENTA!コナーズが果敢に鈴木にチョップ連打、ドロップキック、ボストンクラブ。しかし一瞬のスリーパーからゴッチ式パイルドライバーでカウント3!

第4試合 20分1本勝負
オカダ・カズチカ & 棚橋 弘至 & YOSHI-HASHI vs 飯伏 幸太 & ウィル・オスプレイ & トーア・ヘナーレ

豪華な前哨戦!次はオカダが飯伏と、棚橋がオスプレイと。オカダとオスプレイが対戦になるタッグ戦も珍しいですね。
飯伏を意識して早い段階でレインメーカーを見せるオカダ、飯伏はコンビネーションを返して棚橋にも低空ドロップキックカウンターのフットスタンプ!オスプレイは代わるとすぐ棚橋に猛攻、オーバーヘッドキック、サマーソルト!ヘナーレとヨシハシがラリアット打ち合い!オカダがオスプレイに、飯伏がオカダにドロップキック!ヘナーレがヨシハシにブレーンバスター、ヨシハシがヘナーレに「熊殺し」でカウント3!調べたら「KUMAGOROSHI」でした。試合後も意識し合うオカダと飯伏、棚橋とオスプレイ。

第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
矢野 通 vs タイチ

コスチュームをなかなか脱がず焦らすタイチに怒る矢野が場外へ。帰る!といい下がると金丸義信が襲う!そしてタイチが昨日と同じようにエプロンのシートでスマキに!なんとかリングに上がるもお互い策を使った騙し合い、場外で矢野がタイチと金丸に急所パンチ!さらに2人まとめて仕返しエプロンシートのスマキでリングアウト勝ち!ただここまで来ると、ジェイ、内藤、モクスリーに続きタイチ。矢野が勝ってる相手という実績が変に光ってきたような気がします。

第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
ジェフ・コブ vs 内藤 哲也

第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
後藤 洋央紀 vs ジョン・モクスリー

入場から鉄柵を投げて暴れるモクスリー!気合いなのか不安なのか、大事な一戦。そして後藤洋央紀入場。っていうか、ジョン・モクスリー vs 後藤洋央紀なんてカードを誰が予想できましたか!
始まりました、エルボー打ち合い!長い!さらひラリアットで場外に落として鉄柵!場外でエルボー打ち合いからリングでも続き!長い!さらにラリアットの打ち合い!後藤が村正からバックドロップ!モクスリーがジャーマン、ラリアット、ボトム!ニーパッド外しての膝蹴りを切り返した後藤をモクスリーがダブルアームスープレックスからチキンウイングアームロック、さらに腕十字!後藤から仕掛けるエルボー打ち合い!乗るモクスリー!常に勝るモクスリー!さらに走り込んで膝蹴り!かなり後藤の動きを読んだ攻撃!
しかし後藤が牛殺し!ラリアット相打ち三発!後藤がキック連発!掴んだモクスリーがダーティーディーズ!からデスライダー狙ったところ抱え上げて牛殺しと見せて降ろしていきなりのGTR!!!3カウント!!!
一瞬のチャンスをものにした後藤がモクスリーから価値ある勝利!

第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
ジュース・ロビンソン vs ジェイ・ホワイト

ジェイがジュースに握手を求めたり挑発しながら進む。ジュースがシザースキックから反撃、場外でのやり取り挟み追い討ち狙うも外道が足を掴んで阻止!そこからジェイの猛攻。鉄柵とエプロン連発!客席でニークラッシャー。脚攻めのジェイがハーフボストンクラブ!ジェイがジュースの真似をしながらパンチ、ロープワークからジュースがスパインバスター!場外にプランチャ!さらに鉄柵でスタンガン!リングでジュースがジャックハマー!コーナー上のジュースを落として反撃にいくジェイが場外に投げ捨てるバックドロップ、裏投げ!ジュースがパワーボムからボストンクラブ。ジェイのブレードランナーを切り返してパンチ!外道の介入からレフェリーダウン、ジェイがパイプイスによるジュースの脚攻撃!そして変形の足4の字でジュースがタップアウト!

第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 29」Bブロック公式戦
石井 智宏 vs 鷹木 信悟

これがメインになるっていうのは今までのG1見て来た上でなら余計に納得ですね。
ロックアップから走ってタックルの勝負、石井の延髄斬り、鷹木のラリアット、全てお互いがかわす!エルボー打ち合い。鷹木がキチンシンク連打、石井がサッカーボールキック連打。鷹木のエルボーに対して石井が喉への強烈なチョップ!石井がいつもに増して「来いよこの野郎!」と挑発しながらチョップ、ヘッドバット。鷹木がボディスラムからコーナー上がって背面エルボー。鷹木のバックドロップ、石井のパワースラム、そしてコーナーで石井がエルボーチョップ連打、鷹木がヘッドバットとストンピング!鷹木のエルボーに向かっていく石井、さらに挑発してエルボーを受ける石井!ラリアットの相打ちからお互いバックドロップ連発!


石井が雪崩式ブレーンバスター、パワーボム。鷹木のラリアットを耐えた石井がラリアットからヘッドバット!スライディングラリアットを受けた鷹木がメイドインジャパン!鷹木コール!切り返し合っての鷹木がノーザンライトボムのような形で落とし、さらにラリアット打ち合い!


鷹木がラストオブザドラゴンでカウント3!とんでもない試合でした。