とうとう来ました。WWEレッスルマニア34を見るための旅。

タイトルの「NOLA」は街中あちこちよく見かけてて、ニューオーリンズ(New Orleans)とルイジアナ州の略称LAからと思います。で、今年でニューオーリンズ設立からちょうど300年ってことで「NOLA300」の文字をよく見ました。
記事一覧→ -NOLA2018 アメリカンプロレス観戦の旅-

音楽の・・・
いや、プロレスの街ニューオーリンズへ!

伊丹空港→成田空港→テキサス州ダラスフォートワース空港→ニューオーリンズルイスアームストロング空港
成田からダラスは行きで11時間弱!
Amazonプライムでダウンロードしておいたゲーム・オブ・スローンズ見て耐えました。変に腹満たされるだけの機内食を口にしながら。

乗り継ぎのダラスからニューオーリンズに向かう飛行機、離陸前の機内アナウンスで機長の挨拶。そこで「なんとかかんとか(英語)〜・・・レッソーメーニア〜」そして乗客数人が「Yeah〜」
この時点でそんなにも近く感じることになるとは、そらもうワクワク止まりません。レッスルマニアの街にもうすぐ着くのだと実感。
1時間ちょっとで着いたニューオーリンズ!すると空港は・・・


レッスルマニアモードで迎えてくれてます!WWE IC王座のレプリカを肩にかけた人もいました。
そしてタクシー乗り場のフロアはこのように柱1本1本がスーパースターに。


世界のシンスケ・ナカムラももちろん。そしてセザーロはかわいそうに顔隠れてました。


タクシー乗り場で並ぶところがあって、並んだら「どこまで?」と聞かれるのでホテル名を言います。その時点でもう運転手に連絡行ってるみたいで、案内された車に乗ればすぐ出てくれました。空港から今回のホテルまで、というか中心の街までだいたいどこも36ドルと表示されてました。まあでもチップ入れて40ドル払って到着。街もレッスルマニア!

ホテル前で、前からあのバレットクラブのTシャツを来た人が歩いてきたのでちょっと反応したら軽く英語で喋られてあのToo Sweetポーズを掲げて来たので合わせて挨拶できました。そして「See you tonight!」言うときました。そう、この日の夜はROHのショーがあってケニー・オメガやコーディ、ヤングバックスのバレットクラブ勢が出るからです。それでか街にバレットクラブTシャツの人が溢れてました。

ホテルに荷物を置いて向かったのはまずシェラトンホテル。このイベントのためです。
WrestleCon 2018 公式サイト
4月5日から8日まで、WWE以外の多くの団体が参加してこのニューオーリンズでレスラーのサイン会とか、試合もかなり多くて少ししか行く時間ないけど楽しみでした。シェラトンでのイベントはこの日終わってたので、試合が行われてるThe Sugar Millへ!