Combat Zone Wrestling 観戦

2018年4月7日 The Sugar Mill


基本は公式サイトからオンラインでチケット買うみたいですけど、入り口の人に聞いたら売場教えてくれたのですぐいけました。
グッズ売場はなかなか充実。LIJとか新日関連も色々。レッスルコンTシャツは20ドルでした。この横ではビールも。

倉庫みたいな建物内に客席とリング。入場ゲートもいい感じ。日本のプロレスでどっかの区民センターとか使うのとサイズ的には近いけどなんかこっちの方が雰囲気めちゃかっこええですね。

誰か忘れたけどWWEと契約したばかりの時にこの選手と壮行試合してたのを思い出しました。パンツからキャンディ出して相手に食わせる人。
フォールいって1,2,返され、またフォールいって1,2,返され、またフォールいって1,で返された時に、レフェリーに向かって「合計で5カウント入ってる」みたいなクレームつけてるの面白かった。

ここで初めて、アメリカのファンの中でプロレスを見るという経験をしてるわけですが、思ってた通りリアクションがいい。チャントも自然に発生します。ほんまに楽しんで見てる空気。そしてヤジにリアクションするレスラーも多い。
一度あるレスラーがリングのエプロンに出て「Give me chair!」というと客席からパイプ椅子が投げ渡されました。すげえ。
そして新日本に出てるジュース・ロビンソンが。人気でした。
この日の試合後、外のグッズ売場にいっぱいレスラーがいて話せるタイミングがあったのでジュースに話しかけて「新日の大阪大会は行ってる」と伝えて、去年8月のことを思い出して「Last year,You won…」と言うと「Kenny!」でジュースとハモりました。G1でケニー・オメガに勝ってた。

そしてこの日メインは、あのウィル・オスプレイが登場。そして相手はデズモンド・エグザビエという選手。

公式で動画出てました。デズモンドは今年1月にドラゴンゲートで来日してたみたいですね。ところどころ雑さ見えたけど、身体能力も高く技も綺麗で、合間のアピールも良くてかなりいい選手でした。

着いて速攻の観戦はなかなか刺激的でした。
まあでもCZWってデスマッチのイメージだったのでこの日はWresleConに合わせたマッチメイクだったのかなと思うとCZWの本髄というよりアメリカでの観戦経験ということで。

そこから、タクシーを呼べるUberというアプリを初めて使って(事前に登録はしてる)みました。手配したら運転手の顔写真と車のナンバーも出て、車の現在地も出ててかなり使いやすかったです。ただ、混んでる時間ということで事前確認ありで高くなってました。なんと4倍ついて65ドル!たまらん!

そして足早にROHが開催されるレイクフロント・アリーナへ!