SURVIVOR SERIES
SUNDAY, NOV 20 | 7 PMET/4 PMPT
AIR CANADA CENTRE TORONTO, ON
WWE.com
WWE Network

おなじみサバイバーシリーズの目玉は対抗戦。今年また番組がきっちり分かれたことにより普段できない顔合わせが実現する対抗戦。
最初の絡みはAJとオーエンズ。これは今年のロイヤルランブルでAJがサプライズ登場した時に「Welcome to WWE!」と言いながら場外へ投げ落としたのがオーエンズでした。そして今はWWE王者とWWEユニバーサル王者としての再会。次はジェリコが交代。レッスルマニアでの抗争以来かな?
そしてロリンズとアンブローズ再会のレスリングは一進一退。さらに変わったシェインは絶好調で跳躍力すごいエルボーアタックをジェリコに決めるも反撃されそこからチームRAWの標的に。

なんとか代わるも全体乱闘からオーエンズが場外ダイブ。リングではAJとアンブローズが共闘から小競り合い。そこをつかれストローマンにやられたアンブローズ。次々かかってくる相手を投げ飛ばしまくるストローマン。元師匠ワイアットにも襲い掛かりテーブル葬を狙うもオートンが飛び掛かってのRKO!さらにストローマンを実況席に寝かせ、シェインがトップロープからエルボードロップ!素晴らしい連携で場内はHoly Shit!ストローマンはリングアウト。
ボロボロのシェインが狙われるもなんとか生還してAJとジェリコがハイレベルな攻防。スタイルズクラッシュを狙ったところにオーエンズがジェリコが持ってたボードと紙?でAJを殴り反則負け、さらにオートンがジェリコにRKOでフォール。チームSD!は異色タッグのワイアットとオートンそしてAJにシェインも残り。チームRAWはロリンズとレインズの2人。
シェインがレインズにコーナーtoコーナーのミサイルキックを狙うがカウンターでスピアー。スタッフが駆け寄るほどのダメージで敗退。重要な役職ながらここまで体張ってくれることを称えるようにシェイン・オー・マック!合唱。
そして今のWWE最高峰じゃないかと思えるAJとロリンズのスピーディーでハイレベルな激闘。割って入ったオートンが場外でレインズとロリンズによるシールズ以来の合体パワーボムでテーブル行きか・・・と思いきやAJが救出。しかし戻って来たアンブローズがAJに襲い掛かる。10人以上のセキュリティに抑えられるアンブローズ。それを見たレインズとロリンズがアンブローズを救出。そして揃った元シールズがAJに合体テーブルパワーボム!リングに戻してピンフォール。ロリンズのベビーターンと抗争がうまく流れた見事なシールズ復活の瞬間でした。
決着は2vs2となったところにワイアットファミリーのルーク・ハーパーが場外に現れる。場外でレインズとやり合う中、ワイアットに対してロリンズがフロッグスプラッシュ、、、をオートンがRKOで迎撃!ロリンズ敗退。
レインズがワイアットにスピアーを狙うもオートンが身代わりに受けて最後はワイアットがレインズにシスターアビゲイルでフィニッシュ。チームSmackDownLIVEの勝利。しかしオートンのワイアット心酔の流れが不安に。
久しぶりの番組抗争とあってなかなかヒリヒリと楽しめました。

メインは2004年のレッスルマニア以来12年ぶりレスナー vs ゴールドバーグ。あれから他団体やMMAでやって来たレスナーに対してゴールドバーグはたぶん俳優業やったはずで、試合自体できるんかな?と思ってました。RAW登場の時に「You are last!」と言ってたことから今回が引退試合なんでしょうか。

試合はなんとゴールドバーグ完全圧倒、スピアー2発からのジャックハマーで2分ほどで勝利。アメリカンプロレス史上最高の最強幻想は幻想のままキャリアを終えました。