R-1ぐらんぷり2016決勝が終わり、なんとハリウッドザコシショウが優勝しました。

こないだ初めてR-1準決勝を見に行って、それもあって例年よりちゃんと見れたような気が。なんでもよく見れば見るほど楽しめるもんですね。

Aブロック:エハラマサヒロ、小島よしお、シャンプーハットこいで、サンシャイン池崎(復活ステージ3位)
Bブロック:ハリウッドザコシショウ、おいでやす小田、横澤夏子、ルシファー吉岡(復活ステージ2位)
Cブロック:厚切りジェイソン、ゆりやんレトリィバァ、とにかく明るい安村、マツモトクラブ(復活ステージ1位)

復活ステージは三浦マイルドと思ってたので残念。あと今回の審査員は見てる人を納得させるメンバーやったんでしょうか。もっとなるほど~!ってコメント誰か出して欲しかった。ザコシショウさん準決勝と違い初っ端からウケてましたね。終わった後のどよめいた空気がM-1笑い飯とかK-1ボブ・サップの後みたいな・・えらいもん見たなーって雰囲気で。そこからイチオシおいでやす小田さんって出た瞬間なんちゅう不運や・・と。でもしっかりウケてたんですがこのブロックなのはきつかったですね。ゆりやんレトリィバァは堂々としててすでにバラエティどんどんいけそうな感じします。
写真 2016-03-06 20 46 48
決勝はこの3人、みんな1本目と同じで続きみたいな1本になってて、ちょっと落ちた感じもして・・・まあこれならザコシショウやろっていう感じ満載のまま審査へ。


20年ぐらい前2丁目劇場ワチャチャライブやすんげーBEST10でG★MENSとしてコンビでいつもハチャメチャなコントばっかりしてて、毎年恒例深夜のオールザッツ漫才では深い時間に出てきて目を覚まされるコンビでした。その時にやってた「円楽さん笑い過ぎて爆発コント」という、タイトルそのまま円楽さんが笑い過ぎて爆発するコントが印象に残ってます。
それから見たのは東京に移ってからの「あらびき団」で古畑任三郎やってました。今回決勝最後にこれ出てきた時はちょっと嬉しかったですね。「おぉ~」って声も出てたし。
この、20年以上売れかけては消え、売れかけては消えを繰り返してきた人がその芸風を変えることなく優勝という位置に来たことが嬉しく、またそれを喜んでるであろう近い芸人さんを想像するとまた嬉しくなる、そういうR-1でした。