WRESTLEMANIA 34
APRIL 08, 2018 メルセデスベンツ・スーパードーム
WWE Network
WWE.com

記事一覧→ -NOLA2018 アメリカンプロレス観戦の旅-

WRESTLE MANIA 34 START!

いよいよ待ちに待ったあのレッスルマニア!
2003年のこの時期頃から見始めたWWE、長年変わらずプロレス世界最大規模の祭典。これを生観戦というのは一つの夢でした。
開場前、スーパードーム横のイベント会場ではライブやトークショーでもう人いっぱい。ビッグショーとか出てました。

そして開場となる瞬間、ゲート前方のファンが「Yes!Yes!Yes!」大合唱。開場するだけやのに!
ちなみに荷物の持ち込みは基本的にオール透明のカバンしか認められないっぽいです。外にあったWWEグッズの売店でロゴ入りで持ち込めるカバンも売ってる?らしく持ってる人いっぱいいました。並んでる時に普通の中見えないカバンでカメラ持ってる人いたけどどうなったんやろ?

売店やグッズ売り場を越えて進むと、広がっていた歴史的夢空間。

今の間だけできる、その席のチケットなしでいけるできるだけ前まで近づいて撮ったリングと入場ステージ。

これは街でも売られてるのを見た仮面。ニューオーリンズ謝肉祭で使われる仮面みたい。この口部分から人が出てくる、デカい!

会場ではあちこちで「Woo!」の言い合い、「Rusev day!」「Yes!Yes!」が飛び交います。
あと今回、アンダーテイカーへの対戦要求が通らず仕方なく・・ということでジョン・シナが観客として客席にいるのでそこに向かって「Let’s go Cena! Cena sucks!」が盛り上がってます。始まる時間までまだまだあるのに盛り上がる会場。
そして徐々に照明が増えていき・・・きました、今年のレッスルマニアのテーマ曲。楽しみにするため毎日聴いてきたこの曲。
キッド・ロック「New Orleans」が流れて、キックオフの30人バトルロイヤルの選手達が入場してきました。

KCIKOFFショー第1試合 アンドレ杯バトルロイヤル
一気に出てきて試合開始、WWEの所属選手の多さを実感。ドルフ・ジグラーやケインやらいっぱいメイン級スーパースターがここに入れられてるし、戸澤陽やヒデオ・イタミはここに出てないっていう・・205専門なんかな?

最後はまさかのブレイ・ワイアット登場からマット・ハーディーと結託。マット優勝!「Delete!Delete!」も流行ってました。

KCIKOFFショー第2試合 クルーザー級王座トーナメント決勝
セドリック・アレキサンダー vs. ムスタファ・アリ

このあたりの時間は席とトイレや売店移動する人が多くて、通路横の席、しかも見る方向というのもあって人が通ると見えない位置!たまに全然見えん時がある辛い席だと判明。

KCIKOFFショー第3試合 女子バトルロイヤル

女子バトルロイヤルに回されたサーシャ・バンクスは喧嘩中のベイリーに落とされました。カイリ・セインも出てた。

KCIKOFFショー フル

そしていよいよ本編へ!